40-1
金融庁は長寿化が進む人生100年時代において、金融資産の不足を生じさせないための提言を盛り込んだ報告書を取りまとめました。 その中では「これまでより長く生きる以上、多くのお金が必要となる」と指摘されております。 具体的には、「現役期」「退職前後期」「高齢期」の3世代に分けて、自分自身での保有資産を運用することが重要であるとされているのだとか。 老後資金の重要性は今までもいわれていたことですが、では一体この「3世代」は具体的にどのようなアクションが必要なのでしょうか? 具体例を交えながら、今後生きていくうえで実際に何をするが必要かについて考えていきます。