DSC01089
香取慎吾さん演じる主人公・郁男の恋人、亜弓を演じた西田尚美さん

 

『孤狼の血』の白石和彌監督と『人類資金』の香取慎吾さんがタッグを組み、ギャンブル依存症の男の“暴力と狂気”を描く衝撃作。恋人である郁男、恒松祐里さん演じる娘の美波とともに故郷・石巻に戻り、人生の再出発をしようとした矢先に起きた悲劇。

 

郁男の恋人・亜弓を演じる西田さんに、役作りや撮影現場の様子、初めて訪れた石巻について、お話を伺いました。さらに、私生活では小学生の娘さんを持つ母親でもある西田さんに、仕事と子育ての両立や、リラックス法、得意料理についても語っていただきました。

 

キャスト 西田尚美
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS

 

—— 主人公の恋人、亜弓を演じるうえで、意識したことや監督からのリクエストはありましたか?

 

西田さん 特に「こんな風に演じてください」という細かいリクエストはありませんでした。撮影場所の石巻に入って感じた空気とか、全体のバランスを見ながら演じるという感じでした。石巻で生まれ育ち、親を残して川崎に出て行った女性という役ですが、実家の雰囲気や、家を出て海が見えるという環境、土地柄などに助けられたと思います。

 

—— 石巻にはどんな印象を受けましたか?

 

西田さん 今回初めて訪れました。震災があったという生々しい部分と、復興に向かって再生している部分が共存していると感じました。郁男とドライブするシーンで「ここは昔こうだったんだよ」という会話があるのですが、自分自身でも「どんな場所だったのだろう」という思いを抱えながら演じていました。

 

—— 香取さんが演じた郁男は、これまでの香取さんのイメージとはだいぶかけ離れていましたが、いかがでしたか?

 

西田さん 普段思い描いている香取さんのイメージとは全然違っていました。でも、現場でお会いするときには、だいたい先にいらっしゃって無精髭で髪もボサボサで。そこに立っているだけで、香取さんというよりは“役の人”という感じで、自然とそこに佇んでいました。無理して役を演じていますという印象もなく、とても自然にいたという印象です。なので、そこに自分がすっと入り込めば、もう空気はできるなと思いながら演じていました。

 

メイン2
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS

 

—— とても自然だったのですね。映画全体がそういう雰囲気で作られていたのでしょうか?

 

西田さん  リリー・フランキーさんも吉澤健さんもとてもナチュラルなお芝居をする方で、昔からそこに住んでいる雰囲気を感じました。実家に帰ったら吉澤さん演じる父親がいて、近所に住むリリーさんに会う。とても自然な空気感を放っていたので、頑張って役作りをするというよりは、その懐に入れていただくという感覚で演じていましたね。

 

サブ1
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS