20190612syokuba01
職場で叱られてしまうことってありますよね。中にはきつく叱られた際に、萎縮してうまく話せなくなってしまう人も多く見られます。怖くて仕事に集中できなかったりと、悪循環に陥りがちなのでうまく対処できるといいのですが…。

 

萎縮してミスを連発する人も…


職場で毎日のように叱られている男性は、「萎縮してしまって声が小さくなる」と悩んでいます。「色々と頭の中がいっぱいになって、簡潔に話せなくなります。どうすれば怖い上司の前でも萎縮せずに仕事ができるでしょうか?」と投げかけていました。

 

お悩みの声を受けて、委縮してしまう人たちからは共感の声が。「第一声が『あ?』という不機嫌な声だと、途端に頭の中がこんがらがってしまう」「怖い上司だと質問することもできず、仕事を理解しないまま行動にうつしてしまいます」「僕は話している途中でも、上司のボルテージが上がってくると話を切る癖が… わかってないのに『わかりました、ありがとうございます』と終わらせるから、またミスが続く」といった経験談があげられています。

 

また、職場で萎縮しないためのアドバイスも寄せられました。「上司は『憎い』『嫌い』と思いながら、叱っているわけではないと思う。『怒られている』と思わず、『教わっている』と意識をするべき」「職場で萎縮してしまう人は、いつも内向的なコミュニケーションをとっているはず。普段から上司と雑談するように意識したほうがいい」「『で?』のような返事をされるというのは、『よくわからなかった』と思われているとき。もう1度落ちついて話せば大丈夫」などの声が。まずは落ちつくことが大事なのかもしれませんね。