work201906
仕事の経歴やプライベートのことを聞かれる「面接」。“趣味”を聞かれるケースもありますが、中には「胸を張って言えるような趣味がない」と悩む人もいるようです。そこで今回は、“趣味を聞かれた際に注意したいこと”を紹介していきましょう。

 

ドラマ・映画鑑賞でも立派な趣味! 感動したエピソードを織り交ぜるのがポイント


就職活動中の女性は、「面接で趣味を聞かれた時に何と答えるのがベストですか?」と疑問を打ち明けています。相談者の趣味は“ドラマ・映画鑑賞”ですが、面接官に「つまらない人」と思われそうで言いたくないとのこと。彼女の疑問に対して、「そこまで気にしなくても大丈夫でしょ?」「会話の糸口として聞いてるだけだよ」というアドバイスが多数寄せられました。さらに「趣味を気にするよりも志望動機の方が遥かに大事」「適当でいいとは言わないけど、もっと練るべきことは他にあるはず」などのコメントも。

 

相談者と同じように“ドラマ・映画鑑賞は避けたい”と思う人は多く、ネット上では「インパクトが弱い趣味は言いにくい」「覚えてもらうためには少し弱い趣味だよね」といった声が上がっています。

 

逆に“ドラマ・映画鑑賞”を面接で活用している人からもコメントが。例えば、「絆をテーマにした映画なら『“人とのつながり”が大切だと感じました』と具体的な感想を伝えてる」「映画やドラマで勉強になったことをしっかり言葉にしてます」などの経験談が寄せられていました。