2019.05.20

建設現場に女性専用パウダールーム設置!働きやすさ改革になるか!?

トイレ以外にも休憩スペースや作業着に不満が!


過去に「日本建築仕上学会」は、“建築現場で働く女性”を対象に行ったアンケート調査の結果を公表。回答者に「トイレは男女別ですか?」と質問したところ、「別である」と答えた人が68%でした。「別ではない」は31%となり、トイレを男女別に分けていない現場が多い様子。

 

トイレで気になる点を尋ねると、「清潔さがない」「臭気がこもっている」という項目が上位を占めています。他には「男性トイレが見える」「壁に隙間がある」「化粧直しのスペースがない」「遮音が不十分」といった回答も。また“休憩スペース”に関してのアンケート調査によれば、「女性専用休憩エリア」がある現場に勤めている人は全体の16%。女性が休める現場の方が、圧倒的に多いようです。

 

現場で欠かせない作業着や制服にも不満を抱えている女性が続出。例えば「サイズが合わない」「汗じみが目立つ」「(作業着が)重い・動きにくい」といった声が寄せられています。女性が快適に働くためには、身近なことから改善した方がいいのかもしれませんね。

 

文/牧野聡子

 

≪ BACK 1 2

3

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。