注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

仕事に「ファーストチェス理論」5秒で考えた案が結局、最善なの!?

仕事

2020.04.17

言うまでもないことですが、何か問題を解決する時はまず、“考える”ことが重要。どこに問題点があるのか、どう解決すべきなのか、さまざまな思考を巡らせると思います。しかし長く考えた分、よい案が浮かぶとは限らないのかもしれません。

ファーストチェス理論って一体なに?

以前、とあるTwitterユーザーが「ファーストチェス理論」を紹介。この理論によると、チェスにおいて「5秒で考えた打ち手」と「30分で考えた打ち手」は、実際のところ86%が同じ手であると実証されているそうです。

 

つまりどれだけ長く思考しても、“最初に思いついた手段”に戻ってくることは往々にしてあるということ。また、“長考しても最善の手段を思いつくとは限らない”とも言えそうですね。

 

思い当たる人も多いようで、他のTwitterユーザーからは「これは仕事の会議でも“あるある”だと思う。長々と会議したのに、結局最初の案が採用されたりする」「長考していると“考えてる”っていうより“悩んでる”みたいな状態になって、結局いい案が出てこない」と共感の声が。実際に堂々巡りの長考をして、貴重な時間を無駄にしてしまった人は少なくないようです。

 

また、「例えば問題を解決する時は、長く考えるよりまずは行動するべき」との意見も。頭の中で解決策を組み立てるのではなく、「とりあえずダメ元で行動してみて、『何を解決できたか』『何を解決できなかったか』を観察するほうが大事」とも言われています。

 

“下手の考え休むに似たり”という言葉もありますが、場合によってはまず、なんらかのアクションを起こしたほうが、よい解決案が見つかるかもしれません。

 

>>NEXT 同じ結論でも“30分で考えた手段”は全然違う?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【仕事術】その他の記事

仕事術
もっと見る