注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

仕事モードの必要性…引っ込み思案な自分じゃ営業職が務まらない

仕事

2019.07.19


仕事をするときだけ発動する「仕事モード」。普段とは違う「仕事用の自分」を作る人もいますが、普段どおりのまま働く人も多いのではないでしょうか? ネット上では仕事モードを作る人と、作らない人とで意見が分かれています。

 

「仕事モード」って必要ある?


営業職の男性からは、「取引先との打ち合わせであまり話せない」というお悩みの声が。上司から叱責を受けることも多いそうで、「引っ込み事案な性格が原因なのかも」と考え中です。「同僚は『仕事のときは仕事モードに入る』と言ってたけど、僕も『仕事モード』を作ったほうがいいのかな…」と打ち明けていました。

 

男性のお悩みを受けて、ネット上では共感の声が続出。「販売員をやっているのですが、よく『声が小さい』と指摘されます。業務に入ったら普段の自分とは切り替えたい」「自分の性格って仕事に悪影響が出るときもある。いつもはおっとりしてるけど、タスクはなんとかテキパキ終わらせなきゃ」といった声が寄せられています。

 

一方で仕事モードを作らない人からは、「普段どおりの自分で十分だし仕事モードなんていらないんじゃない?」「自分の性格は治らないものだと思って諦めてる」「最初はよく叱られたけど、周りの人も受け入れてくれたみたい。仕事モードを作らずに、ありのままで働いた方が楽しいよね」などの意見も。

 

「ありのままの自分」を変えるべき!?


仕事モードを作っている人は、どのように考えているのでしょうか? ネット上では、「いつもは引っ込み思案ですが、仕事中は率先して意見と企画を出します。普段どおりの自分じゃ社会に通用しない…」「もちろん普段のままでも、仕事ができる人はいる。できないなら仕事モードを作ったほうがいいのでは?」「仕事モードに入ってるうちに、普段の自分も変わってきますよ」「仕事をするときは仕事モードに入るのが当然。周りの人がバリバリ働いてる中、自分だけ普段のままだと迷惑がかかる」といった声が寄せられました。

 

反対に、普段の自分を変えた方が、気持ち良く業務をこなせるという意見も。「仕事を通して成長するのが1番!」「ありのままの自分を出した方がコミュニケーションもとりやすいよね。でもうまくいかないときは、仕事モードを作らず自分自身を変えた方がいい」などのアドバイスもありました。

 

自分の良いところを最大限に発揮するためには、成長の機会と捉え、“ありのままの自分”を見つめ直すことも大切なのかもしれません。

 

眼鏡をかけると仕事モードに入れる!?


仕事用の自分を作っている人からは、「仕事モードに入るための行動を習慣づけてる」という声も。どのような習慣があるのか見ていくと、「仕事前には指で眉間を強く押してる。こうするとなぜか仕事に集中できる気がして…」「眼鏡をかけたらなぜか仕事モードに入れます!」「勤め先がレストランなので、制服を着ると仕事用の自分に切り替わる」などの声が上がっています。

 

「仕事モードに入る習慣」は人それぞれですが、ポピュラーな習慣も気になるところ。味の素AGF株式会社は、以前「仕事スイッチ」に関する調査を実施。「毎朝のプライベートモードから仕事モードへの切り替え」を「仕事スイッチ」と定義して、“スイッチをオンにするための習慣”をリサーチしていました。

 

アンケート結果によると、1番多かった習慣は「コーヒー等の飲みものを飲む(62%)」。次いで「朝食をとる(47%)」、「スケジュールを確認する(34%)」の順にランクインしています。仕事スイッチを作ると、より「仕事モード」に入りやすくなるかもしれませんね。

 

仕事モードを作るメリットも少なくないよう。どうしても素の自分では業務パフォーマンスが上がらないという人は、1度「仕事モード」を意識してみてはいかがでしょうか?

 

文/古山翔

 

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【仕事術】その他の記事

仕事術
もっと見る