2019.07.19

仕事モードの必要性…引っ込み思案な自分じゃ営業職が務まらない


仕事をするときだけ発動する「仕事モード」。普段とは違う「仕事用の自分」を作る人もいますが、普段どおりのまま働く人も多いのではないでしょうか? ネット上では仕事モードを作る人と、作らない人とで意見が分かれています。

 

「仕事モード」って必要ある?


営業職の男性からは、「取引先との打ち合わせであまり話せない」というお悩みの声が。上司から叱責を受けることも多いそうで、「引っ込み事案な性格が原因なのかも」と考え中です。「同僚は『仕事のときは仕事モードに入る』と言ってたけど、僕も『仕事モード』を作ったほうがいいのかな…」と打ち明けていました。

 

男性のお悩みを受けて、ネット上では共感の声が続出。「販売員をやっているのですが、よく『声が小さい』と指摘されます。業務に入ったら普段の自分とは切り替えたい」「自分の性格って仕事に悪影響が出るときもある。いつもはおっとりしてるけど、タスクはなんとかテキパキ終わらせなきゃ」といった声が寄せられています。

 

一方で仕事モードを作らない人からは、「普段どおりの自分で十分だし仕事モードなんていらないんじゃない?」「自分の性格は治らないものだと思って諦めてる」「最初はよく叱られたけど、周りの人も受け入れてくれたみたい。仕事モードを作らずに、ありのままで働いた方が楽しいよね」などの意見も。

 

>>NEXT 仕事モードを作る人の意見は?

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。