注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

報連相だけじゃない! 「結局何が言いたいの?」と言われがちな人に不足しているトークスキル

仕事

2020.04.27

話す前に情報を整理すべき!?


お悩みの声を受けて、ネット上ではうまく喋るためのアイデアが寄せられています。まず“精神的な原因”にフォーカスしたアドバイスを見ると、「『報連相も仕事のうち』という意識を持つべき」「緊張しないように、普段からもっとコミュニケーションを心がけてみては?」「怒られることを怖がるのは、社会人としてどうかと思います」などの意見が。

 

続いてうまく伝えるための手段を見ていきましょう。「淡々と、はっきり喋ることを心がけてみて!」「どんな相談をするときでも、理由はきちんと話さなきゃいけない。相談する前に1人で話し方の練習をするのもアリ」「話す前に伝えることを箇条書きにしたり、図解にすると情報が整理できるよ」といった声が上がっています。

 

また相手に配慮することも必要だそうで、「自分の喋り方が上から目線になっていないか、1度自分の話し方を振り返ったほうがいいかもしれません」「相手の言ったことをしっかり受け止める。自分だけで話を進めるんじゃなくて、相手と自分が順番に話すイメージ」「伝わらない状況は相手にとってもストレス。時間をとってるわけだし、端的に伝える努力をすべき」などの指摘も多く見られました。仕事上のトークが伝わらないのは、“会話”を意識できていないことが原因なのかもしれませんね。

 

>>NEXT コミュニケーションにストレスを感じる人は多い!

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【仕事術】その他の記事

仕事術
もっと見る