2019.07.10

採用担当の選考基準は「なんとなく!? 」5割が「必要な人材」を理解していない事実

株式会社ADKホールディングスが、新卒採用活動が本格化する3月に「新卒採用に関する意識・実態調査」を実施。新卒採用選考の採用担当者が持つ、選考基準についての意識が明らかになりました。

 

採用基準は「なんとなく」が53%!


まず全回答者に、「あなたの会社の新卒採用では『明確な採用軸(採用基準)』が設定されていますか?」と質問。「明確に設定されている」と回答した人は全体の27.0%で、半数以上は「なんとなく設定されている」(53.0%)と回答しました。多くの会社において、採用基準があいまいになっていることがわかります。

 

次に「会社に必要な人材像についてどの程度理解していますか?」と聞いたところ、「非常に理解している」と回答した採用担当者は36.0%に留まりました。「あまり理解していない」は5.0%だったものの、59.0%の採用担当者が「なんとなく理解している」という状態です。「最も採用したいタイプの学生」で最も人気だったのは「会社の雰囲気になじみそうな学生」(28.0%)で、「一緒に働きたいと感じた学生」(26.0%)が第2位。「雰囲気」や「フィーリング」を重視する風潮が強く、「欠点はあるが会社が必要としている能力に優れた素質を持つ学生」は5.0%という結果に。

 

>>NEXT 採用担当者が考える「会社に必要な人材」って?

原田美咲

東京出身東京育ち、毎週末子どもを引き連れて面白イベントに出没中。レンタカーを借りすぎて、レンタカー屋さんに「いつもの」が通じるようになってしまった。営業時代に培った脚力で、アウトドアにもガンガン挑戦。