注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

高級ブランドのバッグで通勤…何がいけないの!?日本の嫌な所が出たある女性の悩み

仕事

2019.02.15

20190204bag01通勤バッグには、人それぞれ機能性やデザインなど“こだわりたいポイント”がありますよね。その1つの基準として“ブランド物であること”を挙げる女性は少なくありません。しかし職場にブランド品を持ち込むことには、色々と気を遣う部分があるようです。

 

職場に“ブランド物のバッグ”はダメなの?


ある女性は自他ともに認める“大の高級ブランド好き”。ブランドファンになったキッカケは母親ですが、今ではクローゼットの大半が有名ブランドのファッションで埋めつくされています。彼女はこれからも“ブランド物のバッグ”を愛用したいと考えていますが、最近転職で正社員からパートへ職種変えをしたところ。「パートの立場で高級ブランドはさすがに引かれるかな…」と不安な様子です。

 

この悩みに対し、まずは“心強いエール”を送る女性たちが相次ぎます。「全然使っていいでしょ! 何にお金をかけるかなんて自分次第。堂々としていましょう」「オシャレの一部だから、人にとやかく言われることじゃない!」「周りの目を気にして、新たに合皮の安いバッグを買うなんてバカらしいよ」などの声が上がっていました。

 

また「日本のイヤな所が出た悩みだね…」と、苦言を呈す女性も登場。彼女は高級ブランドで出社したときのことを思い返しながら「私も昔、あらぬ噂を立てられた。同僚の観察眼には呆れたね…」といったコメントをしています。

 

ブランド物のバッグを持つと“詮索”される?


一方ネット上には、さまざまな理由で“やめるべき”と主張する声も多く上がっています。まず目につくのが、「絶対浮くよ」という意見。「各自の好みは置いといたとして、場にそぐわな過ぎて浮いちゃうでしょ」「どちらかというと“TPO”の話な気がする。どんなに素敵なバッグでも、場を間違えば失笑を買う…」といったコメントが登場しました。中には「“浮いた”あとには陰口がくる。陰口にも耐えられるなら持っていけば?」と厳しい意見をぶつける人も。

 

続いて目立っていたのは、「詮索されることを覚悟しないとね」という声。ある30代の女性は、以前ブランド物のバッグを通勤用として使っていました。しかし使い始めの初日から、「それ、本物!? いくら?」「ご主人は何してる人?」「ご実家は何をしてるの?」といった“質問攻め”に合うことに。彼女は「あれやこれや聞かれるから、ある程度“答え”を準備しておくことをおすすめします」とアドバイスを送っていました。

 

他にも「あまり職場に波風立てない方がいい…」「ブランド品は休みの日だけでいいんじゃない?」「通勤電車で揉みくちゃになって、傷がつくと思うよ」などの声が上がっています。

 

職場で“カジュアル過ぎるファッション”はNG?


職場に持ち込む“ブランド物のバッグ”が賛否を呼びましたが、いわゆる“オフィスのドレスコード”についても議論があるようです。株式会社モニタスが実施した「オフィスのドレスコード調査」の結果を見ていきましょう。

 

まず男女で回答に差が出たのが、「ファッションがカジュアル過ぎる」と指摘を受けた場面。「指摘された相手は誰か?」について、男性の回答で多かったのは「男性上司」「取引先・お客様」などの“目上の男性から”でした。いっぽう女性の回答では「上司」に加えて、「女性の先輩」「女性の同僚」も上位にランクイン。女性同士ならではの“辛口チェック”が職場で行われているようです。

 

具体的な“指摘コメント”を挙げてもらうと、「肌着のようなシャツを着た同僚がいたため、指摘した」「ミニスカートをはき、足元を気にしてばかりの部下がいた。仕事にならないような格好はダメ、要はミニスカートはNGと伝えた」などの回答が続出。

 

洋服やバッグなど、身につけるものは、TPOをわきまえれば基本的に“個人の自由”。しかし職場などのオフィシャルな場面では、客観的な視点で“周りからの見え方”にも配慮できたほうがいいかもしれません。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【ハラスメント】その他の記事

ハラスメント
もっと見る