2019.07.12

役職呼びを止めた企業も…距離を縮める上司や部下の呼び名


職場での人の呼び方は、敬称をつけたりニックネームで呼んだりと様々ですよね。年齢や関係性はもちろん、親密度によって使い分ける人もいるようです。一体どのように相手を呼ベば良いのでしょうか?

 

部下や同僚の呼び方は?


会社で働く人たちの中には、「部下の呼び方」で悩む人も少なくありません。ネット上では、「男は“くん”づけで呼べば良いと思います。“さん”づけだとちょっと堅苦しいイメージがあるので」「男女関係なく全員“さん”づけが無難じゃない?」「男性は“くん”づけで、女性は“さん”づけでしょ」などの声が上がっていました。中には、「あだ名で呼ぶようにしたら喜んでくれたよ」といった人も。

 

また、同僚に関しても様々な呼び方があるようです。「“くん”づけで呼んでくるので、自分もそれに合わせてる」「周りが呼んでいる呼び方と一緒にしてます」「基本苗字とか名前で呼び捨て。でもそこまで仲良くない人には“さん”づけ」など、周囲に合わせたり親密度で決めている人が多く見られました。

 

同じ苗字の人が何人もいる場合は、イレギュラーな呼び方をする場合も。「経歴が長い人を苗字で、もう1人は下の名前で呼んでみたら?」「それぞれにニックネームをつけてみるのはどう? 例えば竹中さんだったら“竹さん”と“中さん”って感じでわけるとか」という対処法があげられています。

 

>>NEXT 上司を役職名で呼ぶのはナシ?

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。