注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

公開義務化で転職が変わる!?会社の風土を知る重要な指針「中途採用比率」データ

仕事

2020.02.12

転職先を決める時、会社の空気感は重要なポイントですよね。長く勤められる会社か見極めるため、様々なデータを見ておきたいと思う人は多いはず。たとえば先日“義務化”案がニュースになった「中途採用比率」の公表は、会社の風土を知る重要な指針になりそうです。

「中途採用比率」の公開で転職が変わる?

政府は昨年、従業員301人以上の大企業に対して「中途採用比率の公開義務化」を盛り込んだ法律案をまとめました。「雇用制度改革」の一環で、可決されれば令和3年の4月から施行されるといわれています。

 

データは企業のホームページなどで開示される予定のため、転職者にとっては会社が中途採用に積極的なのか一目瞭然。同じ中途採用の社員がどの程度いるのかもわかるので、「新卒入社の社員ばかりで肩身が狭い」といった思いをすることもなさそう。

 

同制度については、ネット上で「転職するなら中途の受け入れに慣れている会社が良いと思う。新卒主義の会社だと社内用語や暗黙の了解が多くて、中途は肩身が狭かったよ」「やっぱり同じ立場の人が多いと安心。中途比率の高い会社なら、『中途だから』って差別される心配も少ないしね」といった声が。

 

採用に関するデータを見ることで、入社後の雰囲気を知りたいと思う人が多いようです。

 

>>NEXT 「データには意味がない」と批判の声も

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【就職・転職】その他の記事

就職・転職
もっと見る