2019.07.05

一般常識としても!「ビジネス実務法務検定試験」とは

◆ビジネス実務法務検定試験はどんなことに役立つの?

次に、ビジネス実務法務検定試験がどんなことに役立つのかチェックしておきましょう。

試験の内容が、総務、法務、人事、財務、営業等、大変広い範囲にわたっているため、これらの部門で仕事をされている方にとって、役立つ資格と言えるでしょう。

また、キャリアアップを目指している方にとっても役に立つ資格と言えそうです。

ビジネスに関する法律の知識を身につけることによって、仕事のクオリティーをアップすると同時にリスクを抑えることにもつながると考えられています。

法的な知識があることは、結局は自分自身を守るためになると言えるでしょう。さらに、法的なことに対する知識があることによって、人を管理する上でも十二分に役立って、リスクを最小限に抑えることも期待できるでしょう。

さらに、会社のスタッフが法律知識を理解することによって、企業リスクを回避することも期待できるでしょう。

新たに取引契約を結んだり、雇用契約を結んだりするときにも、契約の正しさを判断することができれば、違法な契約を締結することを回避でき、後々訴訟問題などに発展してしまう可能性も避けることが可能になるでしょう。

また、「コンプライアンス」について積極的な企業活動を行っている企業にとって、さまざまな法律分野を学んでいることは、こうした企業にとって必要で魅力的な人財と目に映るかもしれません。

さらに、弁護士、司法書士、行政書士などのような法律系資格取得を目指している方にとっては、ビジネス実務法務検定の試験勉強はそれぞれに士業を目指す資格試験の予行練習として捉えている方もいるようです。

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。