2019.09.07

イマドキの英語学習法は英会話教室よりも断然「YouTube」!?

国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が、「英語学習の実態と意欲」に関して全国のビジネスパーソン500名を対象に調査を実施。東京五輪・パラ五輪を目前に控え、英語や英語学習に対する意欲が高まっていることが明らかになりました。

 

「英語が好き」でも「苦手」な人が約7割


まず全回答者へ英語についての意識・意欲を質問。「英語が好き」(17.6%)、「どちらかと言えば好き」(36.0%)と回答した人の合計は53.6%で、全体の半分が「英語が好き」と答えています。

 

しかし能力の話になると、「英語が苦手」「どちらかと言えば苦手」と答えた人は69.0%。半分の人が「好き」と回答している英語ですが、約7割は苦手意識をもっているということに。

 

「現在、英語の学習をしていますか?」と学習状況を聞いたところ、「している」と回答した人は19.2%。さらに「現在英語の学習をしている」グループに対して“英語の学習方法”を尋ねると、第1位は「YouTubeなどの動画を観る」(44.8%)でした。以下、2位「教材・テキスト本を購入して学習する」(39.6%)、3位「英語/英会話スクールに通う」(35.4%)と続きます。インターネットが発達した現在、お金がかからない学習の方法も普及してきている様子。

 

>>NEXT 英語学習の理由は「海外旅行でコミュニケーションをとりたい」

原田美咲

東京出身東京育ち、毎週末子どもを引き連れて面白イベントに出没中。レンタカーを借りすぎて、レンタカー屋さんに「いつもの」が通じるようになってしまった。営業時代に培った脚力で、アウトドアにもガンガン挑戦。