2019.09.05

フットサルで骨折「社会人の自覚がないから辞める」判断は浅はか!?

休みの日は趣味に時間を割くことも大人の嗜みですよね。健康のために体を動かす人は多いようですが、中には大怪我に発展してしまったケースも。仕方ないように思えますが、「怪我するのは社会人としての自覚が足りない」という指摘が少なくありません。

 

「非常識」と指摘する上司も! 怪我の可能性がある趣味はやめるべき?


社会人7年目の男性は休日に趣味のフットサルを楽しんでいたところ、接触プレーによって骨折したそう。やむを得ず仕事を休むため上司に報告すると、「怪我の可能性がある趣味をするのは非常識だ」と指摘されてしまいました。男性は「会社に迷惑をかけたことは認めます」「しかし趣味のフットサルをとてもやめる気になれません」と胸中を吐露しています。

 

彼のように“趣味による怪我”を経験した人は多い模様。例えば、「スケボーで怪我をした経験はある。会社は休ませてもらったけど、申し訳ない気持ちでいっぱいになった」「趣味でボクシングを習ってますが、手首を折って休んだ時はかなり反省しました」とのコメントが寄せられていました。

 

「もう迷惑をかけたくない…」という思いから趣味をやめるケースもチラホラ。「新人を管理する立場になったので、万が一に備えて趣味のサーフィンをやめた」「同じ過ちを繰り返さないためにスケボーはもうやらない」などの声も上がっています。

 

>>NEXT 仕事とプライベートは別?

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。