注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「登録制バイト」ってご存知ですか?主婦におすすめの理由

仕事

2018.09.21

最近新しい働き方として注目されている「登録制バイト」というのがあるのをご存知ですか?
主婦の新しい働き方として、既に始めている方も沢山いらっしゃいます。そこで、「登録制バイト」について探ってみることにしましょう。

◆登録制バイトとは?

 

13-1

 

まず初めに、「登録制バイト」の特徴について確認しておくことにしましょう。

ご存知の通り、2012年に労働者派遣法改正され日雇い派遣は原則禁止となりました。けれども、次のいずれかの要件を満たす方は適用外となります。そのため、「登録制バイト」で働くことが可能になっています。

(1)60歳以上

(2)高校卒業以上で雇用保険の適用を受けない学生

(3)主たる業務の収入額500万円以上で、単発で副業を希望している

(4)世帯合計年収500万円以上で、自身の年間収入額がその半分未満で、主たる生計者でない。

つまり、あくまでも「アルバイト」という位置づけで、「登録制バイト」で得た収入がメインの収入とならないことが要件になります。

「登録制バイト」の場合は企業などの雇用主に直接雇用されるのではなく、派遣会社に登録して派遣会社から紹介を受けて仕事をすることになります。

また、給料は派遣会社から支払われます。給与の支払いは、月払い・日払い・週払いなどから選ぶことが出来ます。

◆登録制バイトのメリット

13-2

 

まず初めに、「登録制バイト」の特徴について確認しておくことにしましょう。

ご存知の通り、2012年に労働者派遣法改正され日雇い派遣は原則禁止となりました。けれども、次のいずれかの要件を満たす方は適用外となります。そのため、「登録制バイト」で働くことが可能になっています。

(1)60歳以上

(2)高校卒業以上で雇用保険の適用を受けない学生

(3)主たる業務の収入額500万円以上で、単発で副業を希望している

(4)世帯合計年収500万円以上で、自身の年間収入額がその半分未満で、主たる生計者でない。

つまり、あくまでも「アルバイト」という位置づけで、「登録制バイト」で得た収入がメインの収入とならないことが要件になります。

「登録制バイト」の場合は企業などの雇用主に直接雇用されるのではなく、派遣会社に登録して派遣会社から紹介を受けて仕事をすることになります。

また、給料は派遣会社から支払われます。給与の支払いは、月払い・日払い・週払いなどから選ぶことが出来ます。

◆登録制バイトのデメリット

次に、「登録制バイト」のデメリットについてみてみることにしましょう。

・収入が安定しない

「登録制バイト」の場合、自分の希望する日や時間に必ず仕事があるとは限りません。そのため、自分は働くことが出来る状態にあるのに、仕事がないという状況になってしまう可能性もあります。長期間の契約ではないため、収入も不安定になってしまい、月によって収入にバラつきが出て来てしまいます。

・単純作業が多い

短期間の仕事がメインのため、単純作業が多くなってしまいます。人によっては向き不向きが大きく分かれてしまう可能性があります。

スキルアップを図りたい方や、専門性のある仕事が良い方には向いていないと言えそうです。

・交通費が支払われないケースがある

「登録制バイト」の場合、交通費が支払われない場合もあります。そのため、日当から交通費を差し引いてしまうと手取り金額が大幅に少なくなってしまうこともあります。
交通費の有無は、仕事を引き受ける前に必ず確認されることをおススメします。

・アルバイト料の受け取りに事務所まで行くケースも

アルバイト料の支払いが、日払い、週払い、月払いと選ぶことが出来るのは良いのですが、アルバイト料の支払いが指定口座への振込でないケースもあります。派遣会社によっては派遣会社の事務所まで受け取りに行くケースもあります。
事務所が自宅から近ければ良いですが、遠い場合はわざわざ受け取りに行くのは面倒なものです。登録する前に、アルバイト料の支払い方法について確認しておくと良いでしょう。

最近注目の「登録制バイト」についてご紹介して来ましたが、最大のメリット「自分の都合に合わせて働くことが出来る」のは、主婦業を優先させたい方にとって最大の魅力と言えるのではないでしょうか?

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【就職・転職】その他の記事

就職・転職
もっと見る