注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

アルムナイ制度とは!?退職者の再就職に今、企業が前向きな訳

仕事

2019.09.04

仕事をしていると、一緒に働いた人が残念ながら退職してしまうことも。頼りになる人材がやめていくのは会社としては大きな損失ですよね。しかし最近では、退職者をリソースと捉える「アルムナイ」というワードが注目されていました。

 

退職者を再雇用する「アルムナイ制度」とは


そもそも「アルムナイ」とは、自社を定年退職以外の理由で辞めたOBやOGを指す言葉。この「アルムナイ」を再雇用する企業が徐々に増えてきているようです。「出戻り制度」や「カムバック制度」と呼ぶ場合もあり、即戦力になる人材をすぐに見つけられるメリットが。入社後すぐに仕事を任せられるため、人手不足の解消にも最適です。

 

会社によって方針は様々ですが、退職者とSNS上でコミュニケーションをとり合っているケースもありました。いつでも気軽に戻れるよう、連絡を欠かさないことが大切なようです。また「アルムナイ制度」を実施した場合、採用方法にも変化が。例えば“優秀だけどすぐやめそうな人”でも、再雇用制度があれば躊躇せずに採用できます。企業側だけでなく、就業者にも“出戻り”という選択肢が増えるのが嬉しいポイント。

 

実際にアルムナイ制度を導入した企業からは、「以前バリバリ働いてた人が復帰した途端、一気に仕事が進むようになった」「何度も面談を行わなくていいのが楽」といった声が上がっていました。

 

気まずくて戻りにくい!? 「アルムナイ制度」に反響続出


もとは海外で普及していた「アルムナイ」という考え方ですが、同制度を知った人からは期待の声が相次いでいます。例えば、「本来なら辞めた会社は選択肢に入らないけど、アルムナイのおかげで気軽に復帰できそうだね」「昔いた“デキる人”が戻ってきてくれたら凄くありがたい」「1度会社を辞めてしまえばゼロからのスタート。でも、再び同じ状態で働けるのは嬉しいこと」などのコメントも見られました。

 

再雇用に至るまでは、様々なアプローチ方法がある様子。ネット上では、「辞めた人と情報をシェアするために、自社のSNS上で会社状況を公開してる」「新規事業を立ち上げる際に退職者にアドバイスを求めた」と具体的な事例をあげる人もいます。

 

しかし「人間関係で辞めた人は戻ってこないのでは?」という指摘も少なくありません。他には、「待遇を良くしない限り戻りたくないと思う」「1度辞めた職場にまた戻るのは気まずい」といった声も。

 

アルムナイ制度を実施している企業からの反応は?


まだ発展途上のアルムナイ制度ですが、実際に取り入れた人はどのような印象を持っているのでしょうか? コンサルティング事業を展開している株式会社ハッカズークは、今年“アルムナイとのつながり”に関する意識調査を実施しました。

 

まず「アルムナイの中に現在もつながっている、あるいは今後つながりたい人はいますか?」と質問したところ、90%の人が「いる」と回答。さらに理由を尋ねると、「仕事に関係なく友人としてつき合いたい」が81%でトップになりました。次いで「今の仕事へのアドバイスがほしい(36.5%)」、「仕事上でつき合いたいから(34.9%)」と続きます。

 

アルムナイと関わることで、辞めた人から「転職を勧められる」というケースを心配している人も多い様子。しかし同調査によれば、「転職を含め自分のキャリアについて相談したいから」という回答は13.5%と少数でした。

 

他には、「自社のサービスについて中からも外からも知る人にアドバイスしてほしい」「アルムナイの経験談は自分にとって最強の教科書」との声も寄せられています。

 

今まで普通だった「退職=会社との関係を断つ」という考え方は、これから少しずつ変わっていくかもしれませんね。

 

文/古山翔

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【就職・転職】その他の記事

就職・転職
もっと見る