注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

前職を辞めた理由から逆算するとベストな転職先が見つかる!?

仕事

2019.09.11

人生の岐路にもなり得る大切な「転職」。何を重視して転職先を選ぶかは、人によってそれぞれです。ネット上では「転職先を選ぶ際に重視すべきポイント」について、意見が交わされていました。

 

転職先を決めるポイントは「前職を辞めた理由」が重要?


転職を検討している人から「何を重視すべきかわからない」とお悩みの声が。「1番をあげればもちろん給料が高いことだけど、それだけでは仕事が続きませんよね」「次の会社では失敗したくありません… 皆さんはどのように転職先を決めてるのでしょうか?」と投げかけています。

 

質問者と同じく、転職で何を軸とすべきか決められない人は多いよう。「働き方改革も推進されてる中、どれを重視すべきかは迷いどころ。福利厚生もある程度統一されてくるだろうし…」「ライフスタイルや金銭面など、結局決め手になるものって何だろう」「待遇は良くなって欲しいし、勤務地も近所が良い。全部重視したいところだけど、どれを優先するか決めるのって難しい!」といった共感の声が続出しました。

 

ではどのように重視する点を決めているのか、ネット上では「前職を辞めた理由から考えたほうがいい」という声が最も多く見られます。「人間関係が理由で退職した人は、職場の雰囲気を優先。面接のときに、それとなく聞いてみるといいかも」「前職でやりがいを感じなかったなら、自分のしたい仕事内容を追求してみては?」などの意見も。

 

面接で「転職で重視するポイント」を聞かれることも…


転職先を選ぶ基準は人によってそれぞれ。意見を見ていくと、特に目立ったのは「給与」についての声でした。「求人情報を見ていると、給料ばかりに目がいく」「どうしても給与って気になっちゃうよね」など、金銭面の充実を目的に転職活動をしている人は少なくありません。

 

しかしキャリアの形成や、自身の成長を重視する人も多く見られます。「成長していきたいなら、評価制度や社風は妥協しちゃダメ」「今後どのような自分になりたいのかも考えなきゃ。資格やスキルが活かせるかどうか、面接時にしっかり聞いておく」といった声が。他にも「自分だけで決めるんじゃなくて、奥さんにも相談したほうがいい」「家族の都合も考えるべき。自分の基準だけで決めるのは危険」などのアドバイスが寄せられました。

 

また面接時に「転職で重視するポイントは?」と質問されることも。「仕事に対してどんな姿勢で臨んでいるか答えるべし。アピールのチャンスだよ!」「福利厚生や給与面へのこだわりを出しすぎると、“会社に求めてばかり”という印象になるかも」といった意見があがっています。

 

転職をした回数はどれくらい?


転職を視野に入れている人には、様々な“重視したいポイント”があるよう。では転職経験者は何を1番重視したのでしょうか? 転職プラットフォームを運営する株式会社レファミーは、昨年「転職についてのアンケート調査」を実施していました。

 

「転職でもっとも重視するものは?」と質問したところ、1位に輝いたポイントは「給与」。次いで2位「社内の雰囲気」、3位「自分のスキルや能力を伸ばせる環境かどうか」の順にランクインしました。そのほか「自宅からの通いやすさ」「やりがい」「休暇日数」などがあげられる結果に。

 

また同調査では、20~30代の男女を対象に“転職回数”を質問しました。「1回」という人が38.5%と最も多いですが、23.0%の人は「2回」と回答。「3~4回」と答えた人も26.8%を占めます。

 

周囲の環境や家計などを吟味しながら、重視するポイントを決めたいですね。

 

文/古山翔

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【就職・転職】その他の記事

就職・転職
もっと見る