前職を辞めた理由から逆算するとベストな転職先が見つかる!?

人生の岐路にもなり得る大切な「転職」。何を重視して転職先を選ぶかは、人によってそれぞれです。ネット上では「転職先を選ぶ際に重視すべきポイント」について、意見が交わされていました。

 

転職先を決めるポイントは「前職を辞めた理由」が重要?


転職を検討している人から「何を重視すべきかわからない」とお悩みの声が。「1番をあげればもちろん給料が高いことだけど、それだけでは仕事が続きませんよね」「次の会社では失敗したくありません… 皆さんはどのように転職先を決めてるのでしょうか?」と投げかけています。

 

質問者と同じく、転職で何を軸とすべきか決められない人は多いよう。「働き方改革も推進されてる中、どれを重視すべきかは迷いどころ。福利厚生もある程度統一されてくるだろうし…」「ライフスタイルや金銭面など、結局決め手になるものって何だろう」「待遇は良くなって欲しいし、勤務地も近所が良い。全部重視したいところだけど、どれを優先するか決めるのって難しい!」といった共感の声が続出しました。

 

ではどのように重視する点を決めているのか、ネット上では「前職を辞めた理由から考えたほうがいい」という声が最も多く見られます。「人間関係が理由で退職した人は、職場の雰囲気を優先。面接のときに、それとなく聞いてみるといいかも」「前職でやりがいを感じなかったなら、自分のしたい仕事内容を追求してみては?」などの意見も。

 

>>NEXT 転職先ではやっぱり給与が1番大切なの?

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。