主婦だから就職に不利とは限らない 主婦がつよみになる仕事とは


■主婦業を活かせる仕事を探そう

専業主婦としての年数が長ければ長いほど、再就職の際はブランクが多いということで不利になりがちです。確かに、以前働いていた職種で考えれば、数年間のブランクはマイナスとなってしまいます。しかし、数年間ずっと行っていた家事を仕事に活かせるのであれば、どうでしょうか。

その数年間はブランクどころか、スキルアップをしていた期間と考えることができるのではないでしょうか。

家事の経験をそのまま活かすことができるのが、家事代行業です。今まで行っていた家事の経験がそのまま役に立つことになります。さらに、家事がそのまま時給で換算されることになるので、今までの家事がどれだけのことをしていたのかという指標にもつながります。

他にも、一人暮らしであれば料理の回数も少なくなりますが、家族の食事となると、毎食いろいろなメニューの料理を作ることになります。料理の得意な方であれば、飲食店での調理という職種に家事の経験を活かすことができます。

クリーニング店等であれば、アイロンがけなどの仕事もありますから、使用する道具はプロ用のものになるのですが、アイロンをかけるといった動作は家庭のものと違いはありません。この仕事に関しても家事の経験がそのまま活かせることになるのです。

自分の得意としている家事があれば、それを本業としている業種であれば、自身の持つスキルを有効に活用することができるのです。家事のなかで自分が好きなこと、また、得意なことであれば楽しみながら働くことができるということにもなるのではないでしょうか。

 

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。