注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

あなたのクローゼットは大丈夫?時間を無駄にしないデキるワーママのワードローブ

仕事

2019.08.14

たくさん服を持っているのに、なぜか毎朝着る服に困ってしまうという方はいませんか?
仕事に家事に子供の世話にと、やることが盛りだくさんのママたちにとって、朝は一分一秒を争うといっても過言ではないはず。
そんな大切な時間を無駄にしてしまう原因は、クローゼットやタンスの中にあるかもしれません。働くママたち必見!「時短」をキーワードに、効率的に服を選ぶためのワードローブづくりのコツをレクチャーします。

■まずは自分が持っている服を確認

衣類は多ければ多いほどいいというわけではありません。理想として、クローゼットの中の収納は8割程度に収めるのがベストとされています。もし服をギュウギュウに詰め込んでいる状態であれば、思い切って断捨離するのがオススメです。
中には、まだ着られるのに捨てるのはもったいないと感じる方もいるでしょう。でも、それは今のあなたにとって本当にすべて必要な服でしょうか?ぜひこの機会に、持っている服一着一着と向き合ってみてください。
そして、「着られる・着られない」ではなく、以下の3つに当てはまるものがないかを探してみましょう。

・状態が良くない
・ワンシーズン着ていない
・同じような役割の服が何着もある

いかがですか?もしこの中に当てはまった服があれば、それはズバリ“手放すべき服”です。今の自分には必要ないと、いさぎよく手放しましょう。
そして、手放すと決めた服は丸々処分するのではなく、リサイクルショップやフリーマーケットを活用して少しでもお金に換えることで「もったいない」という思いを和らげたり、むしろ得した気持ちになったりすることがあります。勇気を持っていざ断捨離してみたら、クローゼットの中だけでなく、あなたの心までスッキリするかもしれませんね。

 

 

■服が選びやすくなる収納のコツ

朝にバタバタしてしまう原因の一つとして、服の収納方法があまり良くないことが挙げられます。衣類収納の基本は、「全体の見やすさ」を心がけることです。
タンスやクリアボックスを使用する場合は、服を上に重ねるのではなく、立てて収納するようにしましょう。生地の薄いTシャツやキャミソールでもたたみ方を工夫したり、仕切りをうまく利用したりすることで、どこにどんな服があるのかがひと目でわかりやすくなります。
クローゼットや広い収納スペースがあれば、なるべくハンガーを使って服をしまうとシワになりにくく、着るときにも取り出しやすいのでラクです。
さらに+αとして、カテゴリーや色別に並べる、よく着る服は手の届きやすい位置に置くなどすると、よりきれいで使いやすい衣類収納を手に入れることができるでしょう。

■コーデの作り置きをしておく

「作り置きレシピ」ならぬ「作り置きコーデ」を用意しておくことでも、服選びにかける時間をグッと短縮することができます。

 

休日のお出掛けコーデ・雨の日コーデ・デスクワークコーデ・飲み会コーデなど、シチュエーションに合わせていくつかの組み合わせを考えておきましょう。

できれば、考えたコーデをそれぞれ写真にとってスマホやアルバムに保存しておく、実際にハンガーにその組み合わせを作っておくなどすると便利です。

こうすることで、朝の作業はその中からピックアップするだけとなり、また、“急いで服を選んだらコーデがちぐはぐになってしまった”なんていう苦い経験もせずに済みます。


時間に余裕のあるときに、鏡の前で一人ファッションショーを楽しむような気持ちで、ぜひコーデの作り置きを試してみてください。

 

 

■働くママが持っておきたい時短アイテム3つ

新しい服を購入する際に意識しておくと朝の時短にもつながるオススメのファッションアイテムをご紹介します。

<ワンピース>
一枚でコーデが完成するワンピースは、選ぶ時間だけでなく着替えの時間も短縮できる最高の時短アイテムです。例えば、羽織りものをジャケットからカーディガンにすることで簡単にオンオフの切り替えができ、小物やアクセサリーで変化をつけることでワンパターンになるのを防ぐことができます。他にも、インナーを変えたり、上からニットを合わせてスカート風にしたりと、テクニック次第でいろんな着こなし方を楽しむことができます。

<セットアップ>
コーデ不要なのにきちんと感があるセットアップも働くママにはオススメです。上下単品でも着回すことができ、コーデの幅が広がるのもうれしいポイント。素材やデザインによってカジュアルからフォーマルまでさまざまなものがあるので、異なるジャンルのものを何着か持っておくといいでしょう。

<ノンアイロン素材>
着ようと思ってタンスから引っ張り出した服がしわくちゃで、忙しい朝に慌ててアイロンをかけた……なんて経験はありませんか?そんなとき、ノンアイロン、つまりアイロンがけ不要の服を選ぶことでそのわずらわしさを解消することができます。
シワになりにくい素材としては、ナイロン・ポリエステル・ウールなどがあります。店頭で服を購入する際には、デザインだけでなくその素材にも注目してみてください。

■まとめ

時短のためのワードローブづくりは参考になりましたか?生活の中のちょっとした工夫で、「今日は何を着ていこう」というストレスは大きく軽減できます。働くママにとっては毎日が勝負服。朝の時間を効率良く過ごすために、服選び一つにしても賢くいきたいものですね。

あなたにオススメの記事