注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

パソコンスキルを磨いて仕事も家事も効率UPするための6つの方法

仕事

2019.08.19

皆さんの家では、年賀状印刷やユーチューブを見るためだけにパソコンがリビングにどーんと居座ってはいないでしょうか。

「持ってるだけならただの箱」などと言われるように、パソコンは高額な上、場所も取るので、活用しないと意味がありません。

そこで、パソコンの活用術をスマートフォンと連動するなどして、仕事や家事の効率アップにつながる6つの方法をご紹介します。


■スケジュール管理

子育て中の働くママにとって、スケジュール管理はとても重要なタスク。スケジュール帳に手書きして管理する人も多いですが、すぐにメモできない状態で予定が決まったり、メモしてもその紙をなくしてしまったりと、うっかり抜け落ちてしまう場合もありますよね。

スマートフォンのみでスケジュール管理をするのは、失くしてしまった時や入力の面倒さを考えて、あきらめてしまう人も多いようですが、スケジュール帳とスマホの両方を使っていて、どっちつかずの状態になり、両方に予定がバラバラに入ってしまっている方も時々見かけます。

そんな方には、パソコンとスマートフォンを連携できるスケジュール帳アプリがおすすめです。予定が決まった瞬間にスマートフォンで入力して、あとからパソコンで確認することが可能なので、バックアップも必要ありません。

仕事の予定と家の予定を色分けして書き込むことが可能です。そして、もし、書き間違えても簡単に修正することができるので安心です。

子どもが保育園や学校の年間行事の予定表を持ち帰って来た時も、パソコンで入力できれば、1年間の予定が瞬時にスマートフォンに入ります。そのカレンダーを印刷して、台所に貼ったり持ち歩いたりできるので、とても便利です。

それ以降の予定も、台所の用紙に自分で書きこんでもらうことで、見つけるたびにスマートフォンかパソコンで入力するようにできるのです。

現在、スケジュール管理が一本化できていないと思う人にとって、家族全員の予定をスマホですべて把握できるようになり、とても便利になります。

 

 


■家計簿

スマートフォンでレシートを撮影して、家計簿を管理する人が多いようですが、こちらもパソコンで連携させることが可能なアプリがおすすめです。もし、どちらかが壊れても、データが消えてしまうことはありません。

毎日のレシート入力はスマートフォンのカメラで、銀行引き落としやクレジットカードの管理はパソコンで入力して、大きな画面で確認するようにしておくと、入力間違いは減ることでしょう。


■住所録

スマートフォンとパソコンが連動している住所録アプリを使うことで、年賀状作成の時にパソコンで入力した住所録を、お出掛け先でスマートフォンを使って見ることができます。

お出掛け先から大切な人に贈り物をする時も、「住所がわからないからやめておこう」と思ったことはないですか?仕事帰りや休みの日に買い物に出掛けて、大切な人のお誕生日を思い出したら、すぐに送ることができるので、とっても便利で嬉しくなる機能です。

いつでもひらめいた時にプレゼントを贈ることができるので、結婚や出産で疎遠になったお友達のことを、もっと親しい交流ができるようになるでしょう。


■レシピカード(レシピノート)

レシピ本や雑誌に載っているレシピ、ネットで見つけた人気レシピやスーパーでもらってきたレシピカード。バラバラの大きさのレシピを同じ大きさにしてまとめたいならば、パソコンでレシピカード(レシピノート)を作るのがおすすめです。

エクセルで自分が好きなフォーマットを作ることも可能ですが、テンプレートをダウンロードして、入力するだけのレシピカードもあります。

台所で使うレシピカードは、どうしても水や油で汚れてしまいます。こだわり抜いたお気に入りのフォーマットを作って、ラミネーターで防水加工して、水洗い可能な永久保存できるカードにするのも楽しいでしょう。

美味しいレシピをまとめて、結婚するお友達や、これから料理を勉強したいお友達にプレゼントするのもおすすめです。

 

 


■フリマアプリ

スマートフォンで写真を撮って、文章を考えて書いて、コメントがあったら対応して、売れたら送って、送ったらまたコメントを書いてと、一度始めるとスマートフォンばかり見ることになってしまうフリマアプリ。実は、パソコンで出品することができるのをご存じでしょうか?

スマートフォンの操作が苦手だと言われる方は、パソコンの大きな画面でたくさんのタブを開きながら、一気に出品することができるのでおすすめです。


■LINE

子どもの運動会や参観日、家族で出掛けた時などにカメラやビデオで撮った写真を、実家の両親などに見せたいということがありますよね。

パソコンを使って画像編集したついでに、パソコン版のLINEを使うことで、スマートフォンから送った時と同じように送信することが可能です。

カメラで撮った写真はスマートフォンのカメラに比べてシャッター速度が速いので、動きの速い子どもの姿も鮮明に撮ることが可能です。いつもと違う子どもの表情を見て、喜んでもらえるでしょう。


■まとめ

家で眠っているパソコン使いこなすためのコツは「スマートフォンと連携させること」にあると思います。特にたくさん入力しなければいけないアプリの場合、入力作業をパソコンにシフトするだけで、仕事や家事の効率化につながります。

スマートフォンを使えるようになって、ますます便利な時代になっています。スマートフォンもパソコンも使いこなして、毎日をもっと楽しみましょう。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【仕事術】その他の記事

仕事術
もっと見る