2019.07.13

室温28度だと作業効率が低下!?会社の冷房設定は何度が最適?


暑い職場での仕事って大変ですよね。特に1日中社内で過ごす場合、“快適な温度”を求める人は多いはず。今まで冷房時の室温は政府の定めた“28度”が一般的でしたが、今回姫路市では「室内温度を25度にする」と発表しています。

 

室温28度は作業効率が落ちる!?


地球温暖化対策を目的とした省エネ運動“クールビズ”。環境省は今年も5月1日~9月30日をクールビズ期間と定め、「冷房時の室温28度を目安」にするよう提唱しています。

 

しかし兵庫県姫路市の市庁舎内では、室温設定を例年より3度下げた「25度」に変更。そのきっかけとなったのが、大阪市立大学大学院の梶本修身特任教授による研究データでした。梶本教授は、“室温が25度から28度に上がると、作業効率も低下する”と分析。これに影響を受けた姫路市長は“人が快適に働ける温度”を見つめ直し、7月16日~8月30日までの間で試行する予定です。

 

環境省の28度設定に反する発表となりましたが、市長は“労働の効率向上を最大の狙いとしているため、省エネに逆行する考えではない”と話していました。

 

>>NEXT 室温が25度の社内は快適?

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。