2019.07.11

大企業病が憂鬱…マンネリ化で非効率な我が社の業務にうんざり


会社で働くうえで、無駄な業務や保守的な仕事にウンザリしている人も多いはず。企業の生産性が低下したり、業務がマンネリ化することを巷では「大企業病」と呼んでいます。今回は、多くの人がお悩み中の“大企業病”に注目していきましょう。

 

大企業病に苦労する人多数!


大企業で働く人たちからは、「会社の実情が次第にわかってきて憂鬱…」といったお悩みが。「働いている会社が典型的な大企業病で、決断スピードが遅かったり会議での根回しが多かったりと苦労しています」などの声が上がっています。

 

実際に大企業病に悩まされている人は多く、「自分の会社も社員が多いせいで、責任の所在が曖昧になったりする。“誰かの責任にすればいい”という考えの人が多い」「毎日の会議は中身のないものばっかりで、やりがいを感じられない」「会社が安定しているせいか、チャレンジ精神が全くない。もっと新しいことをやっていきたいのに」などの声があげられています。他にも「みんな上司の動向を気にするようになって、ガチガチのルールに縛られてる。軍隊と一緒」と、会社に不満を持つ人が見られました。

 

一方で、会社の現状に満足している人たちからは「チャレンジ精神がなくても、仕事に支障をきたしているわけじゃないから良いと思う」「会社は安定しているし、仕事を不便に感じることもありません」という意見も。

 

>>NEXT 大企業病の原因と対策は?

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。