コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ものすごく幸せだけど何一つ解決しない。悲惨な在宅ワークの元凶は…

仕事

2021.05.19

横峰沙弥香連載「へたのよこずき」バナー

仕事を必死に頑張ってきたけれど、もっと子どもたちの成長に関わりたいと考えたわたしたち。そこで、これまで娘のゆめこを保育園に通わせていましたが、この春から幼稚園へシフトすることに。その結果、当然のことながら仕事にあてられる時間が少なくなりました。

 

早朝や深夜に無理をするという方法はあまり現実的ではないので、ゆめこと一緒に遊びながら隙を見て作業を進めるスタイルでいこうと決め、食卓でiPadに向かっていたところ、あっさりと腰を悪くしてしまい…。

 

あ、これはテレワークに切り替えたばかりの人が陥るアレだ…。やはり仕事には仕事用の環境が必要。とはいえ、作業をするチャンスが訪れたからといって、これまでのように自宅3階の作業部屋に籠ることなど出来ないので、リビングの一角に作業用の小さなデスクを置くことにしました。

新しくしつらえた仕事用の快適環境が、予想外の事態を招き…

パソコンや傾斜台を載せていざ作業!というところに来て、再び問題発生です。

横峰さん連載23回_P1

ダイニングテーブルで作業をしていたころはさほど私の行動に興味を示さなかったゆめこですが、新しく設置された作業机やパソコンには興味津々、そこからまったく動こうとしません。

 

わたしが仕事を始めれば、かならず膝に乗ってきて「ゆめちゃんもやる」。わたしが席を外せばその隙に自分が椅子に座り、そこら辺のものになにやら書き殴ります。もはや仕事どころではありません。

 

考えればわかることなのに…なぜわたしはこの環境で仕事ができると思ったのか。

 

しまいにはそんなわたしたちの様子が楽しく見えたのか、まめまで参戦し、狭いデスクにぎゅうぎゅう詰めで過ごす毎日です。

 

ものすごく幸せですが、何ひとつ解決しませんでした。

横峰さん連載23回_P2

文・イラスト/横峰沙弥香

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る