注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

保育園の「落選狙い」が急増!? 国は入園選考の見直しも検討

仕事

2018.11.06

20181106_playing_lots_01競争率の高い保育園に申し込み、あえて落選を狙うお母さんたちが増えているようです。待機児童が深刻な問題として取り上げられる中、わざわざ倍率を上げてしまう行為に何の意味があるのでしょうか。

 

育休延長のための落選狙い?


国の制度では、子どもが1歳になるまでの育児休業が認められています。しかし子どもの預け先がないなど特別な理由がある場合、最長2年までの延長も可能。育休中は雇用保険によって給与の50~67%が支払われるため、延長を望む人も少なくありません。

 

そこでお母さんたちの中には人気の高い保育園にあえて申し込み、延長に必要な「落選通知」を手に入れようとする人も。万が一こうした“落選狙い”の人が入園選考を通過してしまうと、本当に保育園を必要としているお母さんたちにも影響が及びます。

 

以前から地方自治体は落選狙いの申し込みに対し、「余計な混乱を招いている」と頭を悩ませていました。

 

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【産休・育休】その他の記事

産休・育休
もっと見る