2019.01.24

慶應・早稲田出身の高学歴ニートと討論! 林先生が語る「親のスネはかじれ!」の真意は?

20190116hayashi01生きていくためには、どうしても働かなくてはいけません。しかし親のスネをかじりながら“ニート生活”を送っている人も多いですよね。最近では“高学歴”にもかかわらず、働かない人たちが増えているようで…。

 

親のスネはかじるべき!?


2019年1月6日放送の『林先生が驚く初耳学!』に、林修先生と早稲田大学や慶應義塾大学出身のニートが出演。高学歴にもかかわらず働かないニートに対して、林先生が特別授業を行いました。

 

林先生は高学歴のニートたちに厳しい言葉をかけると思いきや、「親のスネはかじるならかじれ!」と投げかけました。この言葉にニートの1人は「マジそうっすよね~!」と笑顔に。

 

林先生は自分がニートだった経験も踏まえながら、「ご両親と納得している関係なら、スネをかじることは何の問題もない」「自分の子どもがどれだけ僕のスネをかじるのか楽しみ」とニートたちに向けて語っていました。

 

ネット上では、「教育者である林先生がこういうことを言うの意外だな…」「ボロクソの罵声を浴びせるのかと思った(笑)」「確かに親が許してるならいいのかもなあ」「まさかの発言でビックリしてる」などの声が。終始和やかなムードで授業は進みましたが、とある1人の言葉から空気は一変します…。

 

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。