注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

働く女性の多数が関心を寄せる学び直し…キャリアにも好影響と実感

仕事

2018.11.19

20181114manabinaosi01ソフトブレーン・フィールド株式会社が、「働く女性の学び直し・リカレント教育に関する意識調査」を実施。働く女性の多くが、学び直しやリカレント教育(教育機関を卒業した社会人が生涯にわたって学び直しを行う教育システム)に関心があると判明しました。

 

“学び直し”をしたいと思う?


まず最初に「学び直しの関心度」について調査。「学び直しをしたいと思う」と答えた人は30.1%という結果に。「どちらかと言えばしたいと思う」の35.9%と合わせると、66%の人が「学び直しに関心がある」ということがわかっています。

20181114manabinaosi02

 

20181114manabinaosi03

続いて「仕事をしながら学び直しをした経験がある」と回答した265人を対象に、「学び直しのきっかけや理由」を質問。その結果、「業務上必要になったから/今の業務のキャリアアップ」(42.3%)に最も多くの回答が寄せられました。次いで「何歳になってもいろいろなことにチャレンジしたいから」が32.8%、「今後の人生を豊かにするため」が32.1%、「就職・転職のため」が29.8%に。また「副業・兼業のため」が15.1%、「いずれは独立したいから」が6.4%で、柔軟な働き方や自分で仕事がしたいため学び直したという人もいるようです。

 

約半数の人が「仕事に役立った」と回答!


次に「学び直しのジャンル」を聞いたところ、「資格の取得」が58.9%で最多に。半数以上の人が回答しており、2位以下の「語学力」(19.2%)、「OAスキル」(15.1%)に大きく差をつけています。

20181114manabinaosi04

 

20181114manabinaosi05

「学び直しの勉強方法」については「通信教育」が26.0%で最も多く、以下「図書などを購入し独学で学んだ」が24.9%という結果に。アンケート回答者からは「子育てしながら働くのによいかと思い、医療事務の資格を取得するため通信教育で学んだ」(30代)、「秘書業務で必要なOAスキルについて市販の教材を用いて学んだ」(30代)などの声が。

 

20181114manabinaosi06

続いて「学び直しで得たこと」を調査。その結果、「仕事上とても役に立った」が44.2%で1位に。この回答には、「給与に資格手当てがつき、任せてもらえる業務が多くなった」(50代)や「専門的な話ができるようになり、同じ業界の人達と話を共有化できるようになった」(50代)などの声が上がっていました。

 

次に多かったのが、「新たな世界が広がり、人生が豊かになった」の36.2%。こちらには、「語学留学で様々な国の友人と交流でき、それまでの固定観念が外れて心身ともに自由になれた」(40代)、「年代の違う友人ができた」(40代)といった声が寄せられています。

 

■調査概要
調査方法:「リサれぽ!」を活用したインターネットリサーチ
調査地域:全国
調査期間:2018年10月5日~10月11日
調査対象:20~60代以上の働いている女性658人(平均年齢47歳)

 

文/原田美咲

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【キャリア】その他の記事

キャリア
もっと見る