2019.01.21

まずは年間○万円から!貯金生活の第一歩を踏み出そう

82-1

お金を貯めたいと思っていても、なかなか思いどおりに貯金ができない人も多いのではないでしょうか。お金を貯めたいと思う気持ちは誰でもありますが、それを実際に実行するのは難しいものです。

貯金を成功させるには目標金額を設定し、それを必ず達成させるという強い意志が必要です。とはいえ、どのように貯金に対して取り組んでいけば良いか決めていなければ、せっかくの決心も無駄になってしまいます。では、何から取り組めば貯金を成功させることができるのでしょう。

■貯金する目標を明確にしよう

貯金するという意気込みがあったとしても、貯めたお金をどのように使うのか目的がなければ貯金に対するモチベーションも下がってしまいます。また、目標がなければ自分を甘やかす原因にもなってしまいます。

今すぐにお金を使う目的がないとしても、将来的に結婚を考えている、マイホームの購入を希望しているなど、ライフプランを考えてみると貯金の必要性が見えてきます。

独身ならば結婚式の費用や新居の準備費用など、近い将来に必ずお金が必要になってくることが見えます。

結婚してからも出産費用や養育費、子どもの教育費やマイホームの購入など、多くの出費が必要になってきます。子どもが独立した後も、親の介護や自分たちの老後のためにお金は必要です。

特に貯金をする目的がないという人はライフプランを設計し、今後必要となってくるお金を計算しておくと、何歳までに最低いくら貯めるべきという目標が見えてきます。

もちろんこうした目標以外でもかまいません。海外旅行に行くため、欲しい物を買うためなど、貯金に対してのモチベーションを上げられる目標があれば、お金も楽しく貯めることができるでしょう。

■いつまでいくら貯めるのか最低目標貯金額を設定しよう

貯金をする目標が決まったら、次は目標額をいくらにするか設定しましょう。貯金額は多ければ多いほうがもちろん良いですが、あまり欲張り過ぎると貯金を失敗することもあります。

目的を達成するために最低限いくら必要なのか計算し、それを最低目標貯金額として設定しておきましょう。

確実に貯金を成功させるには、いつまでに目標金額に達成するか期限を設定することが必要です。目標金額を決めることは大切ですが、それをいつまで貯めるかを明確にしておかないと、出費が増えて貯金ができない月があったとしても、それほど危機感を抱きません。

目標を達成するまでのエンドを決めておくことで、毎月貯金をしようという気持ちにもなれますので、必ず目標貯金額とその期限を決めましょう。

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!