注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

週末も関係なし!? 銀行間の振り込みが24時間365日いつでも可能に!

マネー

2018.10.20

20181016_bank_01ATMやインターネットのシステムが進化したことにより、ネット銀行の普及など便利なサービスが次々に登場。最近ではスマートフォン1つで入送金を管理できるようにもなりました。そんな中で金融機関は、次の1歩となる革新的なサービスを開始しています。

 

銀行間の振り込みが24時間365日できる?


今年の10月9日に全国銀行協会は、異なる金融機関の間でも送金データを24時間365日処理する新システムを稼働させました。これを受けて三菱UFJ銀行や三井住友銀行をはじめ、メガバンク、地方銀行、ネット銀行、信用金庫、信用組合など多くの金融機関が24時間対応に。

 

これまでのシステムでは、平日の午前8時半から午後3時半までしか振り込みの処理ができないという時間的なネックがありました。そのため、金融機関が午後3時以降に受けつけた他行宛ての送金に関しては、翌営業日の振り込み扱い。金曜日の午後3時を過ぎてしまうと着金の確認は翌週まで伸びてしまうので、不便さを感じていた人も少なくありません。

 

金融機関の24時間365日対応でネット通販が便利に使える!


新システムの稼働により、「平日の夕方~朝」と「土日祝日」の即時着金が可能に。金融機関の垣根を超えて利便性が高まります。ちなみに延長時間帯の手続きは、ATMやインターネットバンキングが中心。また、みずほ銀行などは9日からの参加を見送っていますが、準備が整い次第対応していくようです。

 

ネット通販などの普及により、即時入金へのニーズは年々高まっていました。流通業者が代金振り込みをすぐに確認できれば、商品発送までの時間も短縮されます。すると利用者も早く受け取れるようになるので、これからはますますネット通販の需要も増えていくかもしれません。

 

このニュースを知った人たちからは、「海外ではすでに24時間対応の銀行も多くある。日本もどんどん利用者本位の便利な国になってきてるな」「金曜の午後3時までに振り込みが間に合わなくて、これまで何度も面倒なことになってました。今度からは余裕を持って振り込みができるようになるね」「これでまた色々な業界のサービスが進化するのでは? 夜中でも送金できるのは非常にありがたい」と喜びの声が相次いでいました。

 

大手企業も続々参入! 口座開設者続出中のネット銀行とは


数多くの充実したサービスや利便性から、近頃ネット銀行の口座を新たに開設する人が増えています。大手企業も参入し、驚異的な盛り上がりを見せるネット銀行ですが、メガバンクなどと比べてどんなメリットがあるのでしょうか。

 

例えばソニー銀行の魅力を挙げるなら、手数料がお得なこと。セブン銀行ATMやイオン銀行のATMでは時間帯や回数にかかわらず出金手数料が無料な上、E-netやローソン銀行ATMなどでも月4回まで手数料がかかりません。

 

またイオン銀行が導入した「イオン銀行Myステージ」は、ステージが上がるにつれてサービスが手厚くなっていきます。ATM出金手数料や他行宛て振込手数料の無料回数が増える他、普通預金金利もアップ。最大で年0.12%にもなるので、メガバンクの50~120倍の金利になるようです。

 

ネット銀行の口座を持っている人からは、「今はネット銀行をメインで使って、メガバンクの口座はサブにしてる。振り込みとかもスマホで簡単にできるから、一度使うと手放せない(笑)」「調べてみるとネット銀行もかなり増えてきたよね。ほとんどのコンビニにATMが設置してあるし、不便さは一切ないと思う」「貯金用の口座がネット銀行だな。スマホで残高を確認してニヤニヤするのが好きです」と好評のようす。

 

便利なサービスが増えてくると、生活も豊かになっていきますよね。次はどんな画期的なサービスが登場してくるのか、楽しみにしていましょう。

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る