2019.08.02

何度も行くのはもうゴメン!【ケース別】銀行に行くときの持ち物まとめ


銀行は、私たちのお金を預かったり、お金を貸したりしてくれる重要な場所。普段はATMで用事を済ませていても、ここぞという場面では、銀行に出向かなければならない!なんてこともありますよね。

とはいえ、普段なかなか行く機会がない銀行……。いざ手続きをしようとして、忘れ物に気付き、「しまった!」と思った経験はありませんか?

二度手間にならないためには、持ち物について事前にしっかりと確認しておきましょう。ケース別で、銀行に行く際に必要になる持ち物について紹介していきます。

■口座開設をする場合

銀行に、新たに口座を開きたい!と思った場合には、一般的に銀行へと出向く必要があります。このときの持ち物は、以下のとおりです。

・銀行口座で使用する印鑑
・本人確認書類
・口座入金用の現金

新たに口座を開設する場合の持ち物は、至ってシンプルです。

一点だけ気を付けなければならないのが、本人確認書類についてです。運転免許証やパスポートなど、住所氏名などの情報と共に「顔写真」が記載されている書類であれば、それ一つで本人確認可能です。

一方で身分証明書の中には、各種健康保険証や各種福祉手帳、各種年金手帳などのように、顔写真がないものもあります。この場合、本人確認書類と共に、住民票の写しや現住所の記載のある公共料金の領収書等で、領収日付が6カ月以内のものを同時に提示するよう、求められるケースも少なくありません。

もし可能であれば、運転免許証やパスポートなど、顔写真入りの本人確認書類を用意しましょう。それが難しい場合には、銀行に出掛ける前に、「どのような書類を用意すれば本人確認できるのか」を確認するのがオススメです。

★未成年の子どもの口座を開きたいときには?

子育て中のママの場合、「子どもの口座を開設するため、銀行に出向く」というケースもあるでしょう。この場合、子ども本人とママ、それぞれの本人確認書類が必要となります。

子どもの場合、運転免許証やパスポートなど、顔写真入りの本人確認書類を有していない可能性も。この場合、健康保険証と共に、住民票の写しなどを持参する必要があります。こちらもお出掛け前に、チェックしておきましょう。

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!