注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

まだそんな節約技が!?スーパーの安いお肉が高級肉に変える超お得技

マネー

2018.10.04

20181003_niku_01どの家庭でも愛用されている「ひき肉」。様々な料理に活かせるだけでなく、リーズナブルに購入できる点はまさに主婦の強い味方ですよね。そんな「お手頃・お手軽・美味しい」の3拍子が揃ったひき肉には、味を格上げさせる“とっておきの裏ワザ”があるようで…?

 

“家庭にあるもの”でひき肉を柔らかくジューシーに!


9月19日放送の『ガッテン!』(NHK系)では、「知らなかった! ひき肉 絶品ニューワールド」をテーマに“ひき肉の裏ワザ”を大特集。市販で売られているひき肉を、ジューシーで柔らかくする方法を一挙ご紹介しましょう。

 

ひき肉の美味しさを引き出すカギは、どの家庭にもある「水」「塩」「砂糖」の3つ。実は炒めるだけで約1/3の水分が失われてしまうひき肉は、“水分をいかに逃さず調理できるか”が美味しさのカギになるのだそう。そこで活躍するのが「塩」と「砂糖」。この2つの調味料がひき肉に含んだ水分をしっかりと閉じ込めて、ジューシーな味わいをもたらします。

 

やり方は塩と砂糖1gずつを水に溶かし、ひき肉にかけて約10分間置くだけ。お肉全体を水に浸すのがポイントで、ひき肉をかき混ぜたり練ったりする必要はありません。たったこれだけの作業で、旨味たっぷりのひき肉を味わうことができます。

 

番組出演者たちはその味を確かめるべく、裏ワザを使ったハンバーグを試食。ナイフをハンバーグに入れた途端、溢れ出る肉汁にスタジオは大興奮の空気に包まれました。ハンバーグを一口食べたタレントの内山信二さんは、「すんごいジューシー!」「美味しい」と驚きの表情。お笑い芸人のいとうあさこさんも「刃を入れたときの柔らかさが凄いよね」と絶賛していました。

“舞茸”に漬けるだけで高級肉のような柔らかさに!?


お肉を美味しくする裏ワザは他にも。以前放送された『ソレなら5分で出来ますよ。』(フジテレビ系)では、市販のお肉をまるで高級肉のような肉質に変える驚きテクが紹介されました。使う材料は“舞茸”のみ。舞茸にはタンパク質分解酵素が多く含まれているため、その酵素が肉の繊維を分解し柔らかくしてくれる働きがあります。

 

まずは舞茸1パックを細かくみじん切りにしていき、水大さじ1杯を加えましょう。続いてお肉の塊を入れたジップロックに、舞茸を加えて肉全体に馴染ませていきます。あとはこの状態で5分間寝かせるだけ。最後に舞茸をよけて水気を拭き取り、フライパンでお肉を焼き上げれば高級肉のような柔らかさに大変身しますよ。

 

さっそく裏ワザを試してみた人は多いようで、ネット上では「今日安いステーキ肉で試したら、お肉がでろんでろんになって舞茸パワーに大歓喜!」「舞茸に漬け込んだだけで、煮込まなくても塊肉が柔らかく… 舞茸すごい」「使った舞茸をお肉と一緒に炒めてみたよ! お肉は柔らかいし、舞茸との相性も抜群でもう最高」など絶賛する声が多く上がっていました。

 

簡単手軽にできる裏ワザを使って、いつものお肉の味をワンランクUPさせてみてはいかが?

文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る