コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

月々1000円のレシートが節税に役立つ!?

マネー

2020.12.01

会社員の方にとっては年末調整の時期だと思いますが、来年、確定申告をして“得する”ことがあるかもしれないというのが今回の話です。花粉症の薬や胃腸薬などを買った時にもらったレシート、どうしていますか?1000円分以上(月換算)のレシートがたまれば、税金が戻ってくる可能性があるのです。

健康管理に年12000円以上かけたら控除が受けられる

1年間に支払った「家族合算」での病院代や市販薬代が10万円を超えている、確定申告「医療費控除」受けられ、税金を安くできます。でも、「うちはそこまでかかっていない」という人がほとんどでしょう。そんな人でも「セルフメディケーション税制」を利用すれば、医療費にかけたお金が少なくても、税金を取り戻せる可能性があります。

 

セルフメディケーション税制は、「スイッチOTC医薬品」と呼ばれる、対象の市販薬をドラッグストアなどで購入した場合に受けられる控除です。

 

OTCとはOver The Counterの略で「店頭」という意味。スイッチOTC医薬品とは、従来は医師の処方箋が必要だった医療用医薬品を、薬局で購入できるように一般用医薬品に転用したものです。病院に通わないでも、市販薬を買うことで所得税や住民税を安くできるというわけです。

 

セルフメディケーション税制によって安くなる税金の額は、所得によって変わります。ここではひとつの目安として、課税所得400万円の人が、対象医薬品を年間5万円購入した場合を考えてみます。

 

【控除額】

5万円(対象医薬品の購入金額)-12000円(下限額)=38000円(控除額)

 

【減税額】

所得税:38000円(控除額)×20%(所得税率)=7600

住民税:38000円(控除額)×10%(住民税率)=3800

所得税+住民税=11400円税金が安くなる

 

控除額は、税金の計算のもとになる所得(課税所得)から差し引くことのできる金額です。所得税や住民税は、この課税所得に一定の割合をかけて計算します。セルフメディケーション税制では、課税所得を減らすことができるため、所得税や住民税を安くできるのです。

 

>>NEXT 制度を利用するための「ある条件」とは?

1 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る