注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

コロナで収入減!住宅ローンの支払いがピンチの時、どうすればいい?

マネー

2020.07.09

ローン返済に悩むママ

新型コロナウイルスの影響で休業や解雇になり、収入が大幅に減ったご家庭もあるのではないでしょうか。収入が減らなくても、業績悪化で今後の給与やボーナスが期待できないケースも多いようです。それにより住宅ローンの支払いが苦しい場合、どうすれば良いのでしょうか?

一番やってはいけないのは無断で「延滞」すること

住居費用は家計に占める割合の中で最大の固定費。ですから、収入が減ったり、収入減が予想されるご家庭にとっては、家賃や住宅ローンの支払いは家計に重くのしかかってきます。今回は、「住宅ローンが支払えない」ケースについてお話します。

 

住宅ローンの返済が苦しいという場合でもやってはいけないのが「延滞」です。というのも、返済が苦しいからといって、金融機関に無断で住宅ローンを滞納すると、様々なペナルティが発生するからです。

 

例えば、低金利で借りていても延滞すると、ほとんどのケースでは返済日の翌日から日割りで最大14.6%の延滞遅延金が発生します。また、それまで適用していた「優遇金利」の対象から外され、店頭金利が適用になり、団体信用生命保険の適用もなくなります。 加えて、住宅ローンの返済計画の変更や借り換えもできなくなります。

 

他にも滞納を続けると、ほとんどのケースでは3〜6ヶ月程度で物件は競売 となりますが、一般的には、市場価格よりも安くなりますので、物件を競売してもローンの残債金額を返しきれないケースも少なくありません。このような状態になると、資産と思って買った家がお荷物になってしまいます。

 

さらに、住宅ローンを延滞することで信用情報にもキズがつきます。5年間は、新規の住宅ローンやクレジットカードの審査が通らなくなったり、お持ちのクレジットカードの更新ができなくなるケースも。まさに住宅ローンの延滞は、百害あって一利なし!なのです。

 

>>NEXT  返済計画を見直す際の2つの注意点とは?

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【マネープラン】その他の記事

マネープラン
もっと見る