コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子供の急病による旅行のキャンセル料もカバー! ママが知るべき「ミニ保険」

マネー

2019.09.04

もしもに備えて加入しておきたい保険。事故や病気などが対象とされる場合がほとんどですが、世の中には「そんな保険も!?」と驚いてしまうサービスも存在します。8月6日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では「ミニ保険」が特集されました。

 

たった数百円で利用可能! 短い期間だけ加入できる「ミニ保険」とは


「ミニ保険」とは、短い期間だけでも加入できる保険サービスのこと。数百円で契約可能な保険が多く揃っているため、気軽に利用する人が多いようです。まず番組内で取り上げられたのは、「半日からの自動車保険」。レンタカー限定で加入できる保険で、最短12時間から契約できます。

 

続いて登場したのは、「子どもの発熱」や「急な怪我」による海外旅行のキャンセルをカバーする「トリップキャンセル」。パック旅行が対象で、旅行会社から払い戻しされない分の金額を補償してくれます。「航空チケット」や「ホテル」、「イベントチケット」などのキャンセルに応じた商品もあるそうです。

 

旅行関連以外には、レジャーに対応した「キャンプ安心保険」というサービスも紹介されました。1日300円払うことにより、キャンプ道具などが盗まれたとしても「持ちものの損害(最大5万円)」が適用。他にも、「怪我による入院(2000円/日)」「他人への賠償保障(最大1億円)」という保険サービスが揃っています。

 

そんなところもカバー!?“おもしろミニ保険”もピックアップ


番組内では、一風変わったミニ保険も登場しました。最初に注目されたのは、久しぶりに体を動かす保護者を対象にした「運動会安心保険」。子どもの運動会で万が一怪我をしてしまっても、入院費や持ちものの損害などを補償してくれます。同保険には多くの親から好評の声が相次ぎ、「運動不足でも怖がらずに体を動かせる!」「万が一に備えて加入してるから安心です」といった声が寄せられていました。

 

アクシデントはお酒を飲む席でも起こりやすいもの。お酒によるトラブルをフォローしてくれる「みんなでワイワイ飲み会保険」というサービスもあります。外出してから帰宅するまでの間、飲酒によって怪我をしても入院費用を補償。1日100円支払うだけなので、手軽に利用できますよ。

 

他には、「台風のときの安心保険」「レスキュー保険」「結婚式総合保険」など様々なシーンに合ったミニ保険も。気になる人は1度チェックしてみては?

 

ミニ保険のメリット・デメリットって何?


最近広まりつつあるミニ保険ですが、世間の人はどのような印象を抱いているのでしょうか? ここからはマイボイスコム株式会社が以前実施した、「少額短期保険(ミニ保険)」に関するアンケート調査を見ていきます。

 

まず「少額短期保険を知っていますか?」と聞いたところ「知っている」が6.5%、「名前は聞いたことがある」は16.9%という結果に。認知率は男性が30代以上になると3割弱で、同世代の女性よりも高い割合になりました。

 

少額短期保険に関して魅力的だと思うことは、37.9%の「保険料が手頃」が第1位。「必要な保障の内容だけ加入できる」「必要な期間だけ契約可能」「シンプルでわかりやすい商品が多い」がそれぞれ約2割となっています。保険加入の経験者からは、「気軽に申し込める」という回答も。

 

逆に魅力的ではないところを尋ねると、「生命保険料控除の対象外」「保険料が安くてもトータルだと保障内容に対して割安ではない場合がある」「セーフティーネットがない(会社が倒産した際の保障制度)」「種類が多過ぎてわかりにくい」などがあげられました。

 

利用する際の敷居が低い「ミニ保険」。予想できないアクシデントに備えて、マッチしたサービスを選択したいですね。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【マネープラン】その他の記事

マネープラン
もっと見る