注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ポイントも貯まる!電子マネーで家計をもっとスマートに

マネー

2019.05.11

75-1

キャッシュレス化が進む現代において、現金のように便利に使えるのが電子マネーです。利用できる場面が増えたことで、利便性も高まっていますよね。

「いちいち小銭を出さなくても良い」「スマートにレジを抜けられる」などのメリットが注目されていますが、上手に活用することで、もっと毎日の生活をお得に、そして快適にできるということをご存じですか?

今回は電子マネーの賢い使い方と共に、数ある電子マネーの種類についても解説していきます。

■電子マネーでポイントを貯めよう!

電子マネーを使って、経済的なメリットを実感したい!と思うときには、ぜひ「ポイント」に目を向けてみてください。電子マネーの中には、「使用金額に応じて、ポイントがたまる」という仕組みを採用している物も少なくありません。

電子マネーを使って貯めたポイントは、ほかのポイントや商品などに交換することができます。また電子マネーの残高としてプラスできるようなケースもあります。

また電子マネーに残高を追加する際には、自分の好きな方法を選択することができます。ここで「クレジットカードを使ってチャージする」という方法を選べば、クレジットカードのポイントも貯めることができます。

クレジットカードから電子マネーをチャージする段階でクレジットカードのポイントがたまり、電子マネーでお買い物をするタイミングで電子マネーのポイントがたまります。つまり「普通に買い物しているだけなのに、ポイントの二重取りが可能になる!」というわけですね。

「でも、買い物でたまるポイントなんてたかがしれているでしょう?」と思う方もいるかもしれませんが、現金で支払った場合には、まったく受け取ることができないポイントとなります。日常生活の中の買い物でポイントを貯めることができるので、「気付いたら意外と貯まっていた!」と感じる方も少なくないのです。

■家計管理にも役立つ電子マネー

電子マネーを利用するメリットは、家計管理においても実感できます。毎月、何にどれだけ使っているのかを把握することは、家計管理の基本と言えます。しかし実際には、「それが面倒で苦手……」と感じる方も多いのではないでしょうか。

買い物を電子マネーに集約すれば、「1カ月分の予算」を事前にチャージしておくことで、予算管理が楽になります。「今月はあと○○円」なんて、買い物のたびに表示されますから、節約意識も高まりやすくなります。

また家族の家計管理についても、電子マネーは心強い味方となってくれます。「昼食代」として決められた金額をチャージして渡せば、子どもや夫はその範囲内でやりくりすることを覚えます。毎日いくら使っているのか、把握しやすくなりますから、幼い子どもに持たせる場合でも安心できます。

75-2

■電子マネーの種類と特徴を知ろう!

今、私たちの身近には、非常に多くの電子マネーが存在しています。電子マネーのメリットを身近に感じたい!と思ったときには、まず「利用する電子マネーを決定する」というところからスタートしましょう。

人気の電子マネーとその特徴は以下のとおりです。

★楽天Edy

プリペイド式電子マネーの先駆け的な存在であり、使用者も加盟店の数も多いという特徴があります。使用金額に応じて楽天ポイントが貯まり、ショッピングにも使いやすいです。

ただし楽天Edyへのチャージでポイントを貯められるクレジットカードは限られており、本格的に使用するのであれば、両者をセットで検討する必要があります。

★Nanao

こちらはセブン&アイホールディングスが発行しているプリペイド式電子マネーです。セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、セブン系列のお店で使えるケースが多いので、普段からこうしたお店を使う機会が多い人にとって魅力的な電子マネーだと言えます。

★Suica

SuicaはJR東日本の電子マネーです。Suicaがあれば、JR各社の電車、私鉄、バス、モノレールなど、さまざまな乗り物での支払いをスマートに終えられます。大手コンビニやレストラン、ショッピングモールなど、さまざまな場面で利用できます。

★WAON

イオンが発行している電子マネーがWAONです。イオンモールのほか、コンビニやレストランなど、徐々に使用できる場面が増えてきています。Suicaや楽天Edyと比較すると、使用できる場面が少ないため、「普段よく利用する店舗において、WAONが使用できるかどうか」が重要なポイントとなります。

■気軽に使えるのが電子マネーの魅力!

種類が多いために、導入をおっくうに感じてしまいがちですが、一度チャージしてしまえば、非常に便利に活用することができます。

クレジットカードとは違い、「事前にチャージした金額までしか使えない」という仕様も、安心感を高めるポイントになっていると言えるでしょう。

気軽に使用するためには、日常的によく利用する店舗において、電子マネーでの支払いが可能かどうかを確かめることが大切です。スーパーやドラッグストアなど、主婦にとって身近なショッピングスポットにおいても、どんどん導入が進んでいますから、ぜひチェックしてみてください。

■まとめ

電子マネーを活用すれば、財布の中の小銭に悩まされることはありません。また、ポイントを貯めることでお得さも実感しやすくなっています。自分に合った電子マネーを見つけ、上手に活用してみてください。家計管理も、よりスマートにできるようになるのかもしれませんね。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【家計管理】その他の記事

家計管理
もっと見る