注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

結婚式は義務なの!? 流行りの「ナシ婚」を巡りネットで意見が真っ二つ

マネー

2018.07.11

20180711kekkonnsiki01

女性にとっても男性にとっても人生の一大イベントとなる結婚式。最近では挙式せずに籍だけ入れる「ナシ婚」も一般的になっているため、結婚式を挙げるかどうか迷う人も多いようです。主に既婚者の女性がどんな風に考えているのか見ていきましょう。

 

結婚式は「義理を果たすため」にある!?


現在ネット上では、「結婚式を挙げてよかったと思うか」という話題が注目を集めているようです。ある女性は職場で後輩女性が結婚したものの式を挙げず、代わりに新婚旅行を奮発していたというエピソードを紹介。後輩女性の結婚について、「自分も結婚式をもっと簡単に済ませてお金を貯めればよかった」と感心したことを語っています。

 

結婚式を挙げたことを後悔している女性は多いようで、「今から振り返ると、記念写真だけでもよかったかな。その分旅行に行ったりほかのことにお金を使いたかった」「ただの自己満足に何百万円もかける必要はないと思う」「育児にもお金かかるし家を買う必要もあるから、貯金しておくべきだった」といった意見が。

 

反対に結婚式を挙げてよかったと考えている女性からは、「若い頃のウェディングドレス姿を記念写真に残せたのは素直に嬉しい」「独身時代からの気持ちの区切りになるし、自分は後悔してません」「結婚式を挙げられる時期って限られてるし、できる時にやっておいてよかったと思ってる」など様々なメリットを主張する声が上がっています。

 

そのほかには両親など、誰かのために挙式するという考え方もあるようす。「結婚式は親孝行みたいなものだと思う。親がいなかったら挙げてなかった」「ロマンチックなイメージがあるけど、結婚式は義理を果たすためにあるんだよね」「普段全然泣かないお母さんが泣いてたので、挙げてよかったんだなと思ってる」といった意見が多くありました。

「ナシ婚」を選んだ理由って?


実際に式を挙げずに入籍した女性は、どんなことを理由に「ナシ婚」を選択したのでしょうか? 昨年「みんなのウェディング」が既婚女性を対象に行った「『ナシ婚』に関する調査2017」によると、「経済的事情」が最も多い23.2%の回答を集める結果に。続いて「セレモニー的行為が嫌で、挙式や披露宴自体を行いたくなかった」が10.6%、「挙式や披露宴以外のことにお金を使いたい」が9.9%となっていて、結婚式を挙げることに魅力を感じない人も多いようです。

 

また「挙式や披露宴以外にお金を使いたいこと」についての質問では、「貯金」(19.2%)、「子どもの養育費」(18.2%)、「生活費」(15.2%)という回答がトップ3を占めています。いずれも実用的なお金の使い道で、ロマンよりも生活を優先する人が「ナシ婚」を選んでいると言えるかもしれません。

 

結婚式を挙げるかどうかは一生に一度しかない重大な選択。周りの人の意見も聞いてじっくり検討したほうがよさそうですね。

 

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る