コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

『きのう何食べた?』のパンドラの箱が話題! 安物に戻れなくなった高級品ってある?

マネー

2019.07.12


今年6月に最終回を迎えたドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)。番組内で主人公が高級食パンを買った際、美味しすぎて安物に戻れないことを「パンドラの箱を開けた」と例えました。ネット上でもそれにならって、様々な「パンドラの箱」が続出しています。

 

「#私の開けちゃったパンドラの箱」に寄せられた高級品の数々!


世の中の人は一体、どういった高級品に目覚めてしまったのでしょうか? 今回はハッシュタグ「#私の開けちゃったパンドラの箱」に寄せられた、高級品の数々を見ていきましょう。

 

まずはドラマ『きのう何食べた?』と同じく食品系。「うちはインスタントコーヒーから高級豆に変えました」「高級食パンはホントにパンドラの箱だよね。普通の食パンと比べると、しっとりしてて甘みも強い」「高い海苔のパリパリした食感は病みつきになりますよ」「お米は無味だと思ってるなら大間違い! 高いお米はほんのり甘くて、ひと粒ごとの食感が感じられる」などの「パンドラの箱」が寄せられました。

 

また調味料についても高級志向な人は多いようで、「調味料は高いものを使うと引き返せなくなる。特に醤油は料理との相性にもよるけど、絶対高級品のほうがいい!」「ポン酢は1度高いものを味わうともう戻れないよ。安ものと比べて香りが際立ってる」「ずっと食パンにマーガリンを塗ってたけど、試しに高級バターを塗ったら美味しすぎて…」といった声が。

 

「高いテレビ」を買うと世界が変わる!?


続いて日用品の「パンドラの箱」を見ていくと、「シャンプーとトリートメントは、サロン用のものを使ってる。ドライヤーで乾かした後の手触りが全然違う!」「ティッシュペーパーをローションティッシュに変えたら、鼻が荒れなくなった。もう以前の安いティッシュには戻れない…」「オフィスで使ってるキーボードを買い換えたら、打鍵感がたまらなくて書類作成が楽しく感じる」などの声が。普段使うものだからこそ、「品質にこだわりたい」という人は少なくありません。

 

買い替える回数の少ない家電については、特に高級志向の人が多いようです。「高いテレビに新調したら、世界が変わりました! 心なしか、映画を観て感動することが増えた気がします」「洗濯乾燥機ってめったに買い替えないから、せっかくなら高いものを使いたい。洗剤も自動投入だったり、洗濯槽がカビにくかったりと色々な機能がついてる」「電動歯ブラシの良いものを買うと、普通の歯ブラシじゃもの足りなくなる」といった声が上がっていました。

 

家計で無理をしながら高級品を求めるのってどう思う?


では実際のところ、高級志向の人はどれくらいいるのでしょうか? インターネット上で様々な調査を行うマイボイスコム株式会社は、以前「消費スタイルに関する調査」を実施していました。

 

同調査では「多少家計で無理をしても高級なもの・質の高いものに囲まれた生活がしたい」と考える人の割合をリサーチ。12.4%の人が高級志向であることがわかりました。一方で「自分の収入に合った範囲の生活をしたい」人は87.6%と、ほとんどの割合を占めています。

 

ネット上ではパンドラの箱を開けず、自力で食品のクオリティを上げている人も少なくありません。「スーパーで買ったひき肉を使わず、毎回こま切れ肉を包丁で刻んでる。これだけでもうまさが別格。激安食材を工夫して美味しくすることの方が有意義だと思う」「高い食パンを買うくらいなら、同じ値段で色々なジャムを買うべき。安い食パンにジャムを塗って、味変しながら食べたほうが美味しい!」という声が。家計と相談しながら、自分が美味しく感じられるものを探したいですね。

 

文/牧野聡子

 

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る