2019.08.03

.親子揃って片付け下手!ママのテクニックで、家族の「苦手」を解決しよう

001

家の中を常に美しくキープするために、欠かせないのが「家族の協力」です。
ママ一人で頑張ろうと思っても、できることには限界があるもの。
家族みんなが、「自分のものを適切に管理する」ことを覚えるだけでも、片付けにかかる手間はグッと軽減できることでしょう。

とはいえ、「うちは夫も子どもも片付けが苦手で……」なんて悩んでいるママも多いのでは? 

そこで片付け下手な家族に、汚部屋習慣を克服してもらうためのコツを紹介します。

 

■片付け下手なのは、「片付ける方法」を知らないからかも……

夫や子どもが片付け下手であるとき、ママの負担は非常に大きくなってしまいます。
夫が散らかし、子どもまでそれに倣うようになると、「これってもしかして遺伝なの!?」なんて思いたくなってしまうかもしれません。

しかし、もしかしたら夫や子どもは、「片付け方を知らない」だけなのかもしれません。
夫に関して言えば、夫婦であってももとは他人同士です。
これまで、どのような環境の中で育ってきたのかに、大きな差があると言って良いでしょう。

夫にとって「雑然とした部屋」がごく普通の状態である場合、純粋に「どう片付ければ良いのかわからないまま、放置している」という状態なのかもしれません。
またより極端な例を挙げれば、「片付けの必要性を感じていない」なんてことも考えられるでしょう。

こうした夫の考え方に影響された子どもが、同様に考える可能性はあります。

またママが片付け好きで「常に全てを自分でやってしまう」タイプの場合、「どうせママがやってくれるのだから、自分でわざわざ片付ける必要はない」なんて考える習慣が身についてしまっていることも考えられます。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。