コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

身軽な暮らしのために「なくてもいける?」の視点を持ってみる

家事

2021.07.18

自分の好きなものとシンプルに暮らしているミニマリストのおふみさんに、自身の経験から得た”家を安らぐ場所にするちょっとした習慣”を教えてもらいます。

 

これまで「定数化」「定量化」という、ものの管理のアイデアをおふみさんに教えていただきました。今回お話いただいたのは「なくても大丈夫だったもの」について。「これがなくちゃ暮らしていけない」という意識を変えることが、身軽な暮らしにつながるヒントでした。

シンプルな暮らしになる魔法の呪文は「それっている?」

もし身軽になりたいけれど、どこから手をつけていいかわからない状態の方がいたら、身軽になれる魔法の言葉があります。

 

「それっている?」という言葉を自分に投げかけると、身軽になれます。

 

一般的に家庭にあるとされているものでも、「それっている?なくても案外いけるかも?」という問いかけをして、実際に別の場所に置いておき、そのアイテムなしでしばらく生活してみて、なくしてみても問題ないようなら手放します。

 

すると、他の家庭にとっては必要でも、我が家にとっては「定数ゼロ」のものとなるわけです。

炊飯器やベッド、ソファなど…なくても生活できたもの

我が家で定数ゼロにしているものの例を挙げてみると、炊飯器、ベッド、ソファ、食器棚、プラスチック製の保存容器など。

炊飯器がないというと驚かれますが、案外なくてもなんとかなります。

 

もともと夜は晩酌するのでがっつり白ご飯は食べないことが多く、そうめんやパスタなどの麺好きで、朝はパン派なので、あまりお米を炊いていませんでした。

 

あまり使わない割に炊飯器というのは常にキッチンの表に出しっぱなしにしている家電になります。使用頻度に対して掃除のしにくさや場所の占有具合を考えると、ちょっとお手入れに手間がかかっているかもと思いました。

 

そして、ふと問いかけてみました。「炊飯器っている?」と。

 

例えば食べ盛りのお子さんのいる家庭やお弁当を用意する必要のある家庭では、タイマー機能のついた炊飯器はなくてはならないものだと思います。

 

しかし我が家に関して言えばお弁当も用意しないし食べ盛りの子どもがいるわけでもない。なくても案外なんとかなるのでは?

 

そして実際に炊飯器をシンク下にしまってみて、炊飯器なし生活をしてみました。

 

なければないでなんとかなるもので、むしろ土鍋で炊き込みご飯をつくる機会が増えたり、ダイソーで売っている300円商品の「炊飯マグ」があれば7分ほどでご飯が炊けることがわかり、炊飯器なしでも暮らせることがわかりました。

 

以来、3年以上炊飯器なし生活をしていますが、案外問題なく回っています。

 

こんな風に、よりコンパクトでお手入れのしやすい代替品でなんとかならないか頭をひねってみると、案外それで暮らせることがわかり、ソファやタッパーなども手放してきました。

「それが当たり前」から「自分たちには何が適しているのか」を考えてみる

世間一般の常識で、あって当たり前とされているものってたくさんありますよね。結婚したら家を買って当たり前という価値観だったりとか、妻の家事負担が大きくて当たり前という考え方など。

 

本当にそうでしょうか?

 

これまでそうだったから、という理由なのだとしたら、一度「自分たちにとっては何が適しているのか」を見直してみた方がいいですよね。

 

自分たちの生活スタイルなら賃貸の方がいいと思うからそちらを選択したり、夫が在宅ワークで妻が通勤往復2時間かけているなら家事の負担度合いを考え直した方がうまく回るのでは?など自分達に合った方法を検討するなど…。

 

それって本当に必要?という視点はいつでも持っておくといいです。みんなしているからといって自分たちにとってもそれがベストとは限りません。

 

また、基本的に、ものは持つことでメンテナンスや掃除の手間と時間が発生します。

 

便利な家電を持つと時間が節約できる場合もありますが、あまり使っていないのであれば、その利便性の享受具合と、メンテナンスの手間・時間を天秤にかけてみて、手放した方が楽に生活が回っていくようなら手放すといいでしょう。

 

世間では必要だとされているものでも、我が家にとって必要かどうかは別です。必要なものを精査することには、「必要ないと判断すれば、無駄な出費を防げる」「メンテナンスの手間と時間が手放せて、空間が手に入る」などのメリットがあります。

1ヶ月、「なし生活」の実験期間を設けてみよう

「それっている?」と問いかけてみて、なくてもいけそうだと思うものがあれば、いきなり手放すのではなく、いったん「なし生活」をしてみましょう。

 

期間は任意の長さでいいのですが、例えば1か月と区切ってみると踏ん切りがつきやすいと思います。

 

その期間、炊飯器であれば、シンク下などにしまっておき、炊飯器なしで過ごしてみるんです。

なければないで案外、土鍋でご飯を炊けることに気づいたり、土鍋ならではのおこげがおいしいことに気づいたり。炊飯マグで簡単に短時間でご飯が炊けることに気づいたり。出しっ放しの家電がひとつ減ることで、グッと掃除がしやすくなることに気づいたり。

 

逆に、やっぱり我が家の生活スタイルだと決まった時間にご飯が炊けるタイマー機能が必須だと感じるかもしれません。その場合は炊飯器を元に戻します。なくてもいけると感じたら、そのまま手放します。

 

こうして、定数ゼロのものが増えていくと、空間にどんどんゆとりができてきます。今よりもコンパクトな家への引っ越しを控えたタイミングなど、あと一歩ぐっと物量を減らしたい場面でぜひ試してみてください。

文・イラスト/おふみ 構成/阿部祐子

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る