2019.03.22

余った鍋料理を簡単においしく食べるためのリメイク術

13-01

 

本格的に寒さが到来し、お鍋が恋しい季節となりました。水炊きや寄せ鍋、キムチ鍋などの定番に加え、最近ではトマト鍋や豆乳鍋といった出汁も一般的になりつつあります。また、しめを意識して作られた鍋の出汁も多く売られていますよね。
そんな鍋の残りですが、余ってしまったときにあなたはどのように活用していますか?雑炊や麺類でしめるのが基本ですが、その他にもたくさんの楽しみ方があるのです。そんな余った鍋料理の意外なリメイク術についてご紹介したいと思います。

■余った鍋を翌日でもおいしく食べられるリメイクレシピ集

・水炊きの残りでチーズリゾット
様々な具材のエキスが染み出た水炊きの出汁はシンプルなリゾットに最適!チーズと牛乳で濃厚に仕上がります。時間もかからないため、翌日の朝ごはんにもおすすめです。

<材料(2人分)>

・水炊きの残り…お玉に2杯程度
・牛乳…100ml
・ごはん…茶碗1杯分
・チーズ…お好きな分だけ
・卵…1個
(調味料)
・コンソメ顆粒…小さじ1/2
・しょうゆ…小さじ1/2

<作り方>

1.水炊きの残りと牛乳、調味料を鍋に入れ煮立たせます。
2.煮立ったらごはんを加え、さっくりと混ぜます。
3.ごはんが馴染んだらチーズを加え、軽くかき混ぜて火を止めます。
4.溶き卵を流し入れて完成!

・鶏鍋の残りで時短茶碗蒸し

意外なリメイク法としてレシピサイトなどで話題を集めているのが茶碗蒸し。鶏鍋の残りを活用すれば、材料は卵と鍋の残りを伸ばす用の出汁だけで十分です。

<材料(1個分)>

・鶏鍋の残り…お玉1~2杯分
・卵…1個
・だし汁…100cc
・塩…少々

<作り方>

1.鍋の残りの具材だけを茶碗蒸しの器に取り分ける。
2.鍋の残り汁に卵を入れてかき混ぜ、だし汁と塩で味を調節する。
3.だし汁を茶碗蒸しの器に流し入れ、深めのフライパンに器を置く。
4.フライパンに器が半分弱浸かる程度に水を張り、濡れた布で包んだ蓋をかぶせる。
5.中火で蒸し、沸騰したら火を止め、フライパンが手で触れるくらいになったら完成!

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。