コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

いかのジェノベーゼレシピ「包丁すら不要で失敗知らず」

家事

2020.02.04

2021.02.12

いかのジェノベーゼレシピ「包丁すら不要で失敗知らず」

鮮やかな緑色が美しいジェノベーゼ。自宅で作るのは難しそうという印象ですが、ミキサーがあれば簡単に作れちゃいます。ソースを鮮やかな色に仕上げるコツは、ミキサーにかける直前まで、ミキサーとすべての材料を冷やしておくこと。これで綺麗な緑色に仕上がります。

 

パスタの具材は、まな板&包丁要らずのいか刺しを使うので、あっという間にできて、調理も片づけも簡単です。緑と白のコントラストが美しい「いかのジェノベーゼ」、バジルのフレッシュな香りをお楽しみください。

包丁すら不要で失敗知らず

材料(2人分)

パスタ(スパゲッティ)
160g
いか(刺身用)
100g
塩・こしょう
各適量
パルミジャーノレッジャーノ(粉タイプ/または粉チーズ)
適量
生バジル(飾り用)
適量
【ジェノベーゼソース】
生バジル
40g
松の実
30g
にんにく
1片
パルミジャーノレッジャーノ(粉タイプ)
15g
オリーブオイル
100ml
ひとつまみ

作り方

1. バジルは洗わずにキッチンペーパーなどで軽く拭き、葉だけを摘みとる。松の実はフライパンで少し色づく程度に煎る。にんにくは半分に切って芯があれば除く。ミキサーとジェノベーゼソースの材料は使うまですべて冷やしておく。冷やしたミキサーに材料すべてを入れて攪拌し、なめらかにする。

2. 深めの鍋に3リットルの水を入れ、沸騰したら塩30g(分量外)を入れる。パスタを袋の表示より1分短めにゆで、ザルに上げる。このとき、ゆで汁をカップ1杯分ほど取り分けておく。

3. フライパンにジェノベーゼソースといかを入れて弱火にかける。ソースのまわりが少しフツフツしてきたら②を入れて手早くあえ、ソースが絡みにくいようであればゆで汁を少しずつたす。塩・こしょうで味を整え器に盛り、パルミジャーノレッジャーノ(粉チーズ)をふってバジルを飾る。

特集TOP戻る

PROFILE 田頭志保(たがしら・しほ)


フードコーディネーター・フォトグラファー。大学卒業後、新聞社にてカメラマンとして勤務。その後、料理と写真のテクニック、それに携わるフードコーディネーターの仕事に惹かれ、専門学校にて学ぶ。テレビや雑誌で現場技術を取得する傍ら、ロンドン〜中東での料理研究、写真活動を経て、現在フォトグラファー、フードコーディネーターとして活躍中。

取材・文/田川志乃 撮影/菅井淳子

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る