2019.09.03

見た目もかわいくすきまにイン!ピック活用レシピ

01

「子どもに可愛らしいお弁当を作ってあげたいけど、忙しくて時間がない」「キャラ弁のアイデアが浮かばない…」というママさんも多いと思います。そんな方におすすめなのが、“お弁当ピック”です。
最近は、とっても可愛いお弁当ピックがたくさん販売されているので、ちょこんとさすだけでかわいらしい、お子様が喜ぶお弁当ができます。

ただ、可愛いピックもいつも使っていては、そのうち飽きてしまうでしょう。新しいピックを買い足していてはそれだけでお金がかかってしまいますし、キッチンの収納スペースがピックであふれてしまいます。そこで、ピックの見た目やクオリティよりも、ピックにさす材料を工夫してみましょう。

■ちょっとした工夫でおしゃれでヘルシーなピンチョスに

ピックにさす材料をちょっとだけ工夫するだけで、お弁当のおかずとしてだけでなくパーティーメニューのおしゃれな“ピンチョス”にもなります。

◎使い捨てできる手作りピック

100均に行けば、いろんな種類のお弁当ピックがありますが、ピックは手作りすることもできます。それに手作りなら使い捨てできるので、キッチンがピックでゴチャゴチャすることもありません。

・簡単手作りピック

例えば、つまようじの上の部分に、お気に入りのマスキングテープを貼るだけで素敵なお弁当ピックができます。マスキングテープの部分を「リボン」や「葉っぱ」など、子どもの好きな可愛い形にハサミで切れば、小さな子どもさんも大喜びです。
また、マスキングテープにメッセージを書き込めば、いつも頑張っているお父さん、お兄ちゃんやお姉ちゃんも、思わず笑顔になるはずです。それに、市販のお弁当ピックの場合、さす材料によっては「ピックの長さが足りない…」ということがありますが、手作りなら、長めのつまようじや串で調整できます。

・食べられるピック

全て食べられる、おいしくてエコな手作りピックもおすすめです。

1.クッキングシートに旗になる大きさに切ったスライスチーズを乗せて、チーズの端から少しずらしてプリッツを乗せます。

2.電子レンジで20秒程度加熱したら、すぐにずらした部分のチーズを折り曲げて、チーズ同士をくっつけて形を整えます。

3.これだけでも可愛くておいしいフラッグピックになりますが、海苔を好みの形や文字などに切って、マヨネーズで貼り付けても個性あふれるピックになります。

◎カラフルな色合いに

長めのピックに色合いを考えて3種類くらいの材料をさすことで、見た目が華やかでおいしそうになります。また、お肉のおかずと野菜を組み合わせれば見た目だけでなく、栄養のバランス的にもバッチリです。カラフルでキュートな見た目や、大好きなお肉との組み合わせなら、野菜が苦手な子どもさんもペロッと食べられると思いますよ。

・枝豆とコーン

枝豆とコーンの粒を交互に刺していくだけで、緑と黄色のカラフルなピンチョスができます。お弁当の隙間にもちょうど良い一品にもなります。

・お肉と野菜

半調理品のミートボールや唐揚げを利用すれば、忙しい朝も時短になります。ピックにミニトマト、お肉のおかず、きゅうりの組み合わせは、色もきれいでボリュームもあります。きゅうりは、ピーラーで薄くスライスして、くるくると巻いて刺せば、インパクトのあるピンチョスになります。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。