コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「あっ、買い忘れてた!」いざというとき代用できる調味料まとめ

家事

2019.06.17

27-1

料理の途中、普段利用している調味料が切れていることが分かり、思ったとおりの料理ができなかったということがありますよね。メニューを決めて調理していると途中で軌道修正することができず、わざわざ買いに行くのも大変です。

買い物に行くのが面倒だなと感じたときは、他の調味料で代用してみてはいかがでしょう。仕上がりの味を損ねることなく、おいしく作ることができますので、ぜひ試してみてください。

■日本酒

日本酒は魚やお肉の臭みとり、食材を柔らかくする、味にコクを加えるなどの効果がありますので、常備している人も多いのではないでしょうか。

日本酒が切れているときはワインで代用することも可能です。調理用のお酒と同様、調理用の低価格なワインでも十分に日本酒の代わりとして代用できます。

また、料理に甘さやコクを加えたいなら、みりんやはちみつでも代用が可能です。お酒と同量を入れるとかなり甘めに仕上がってしまうので、味を見ながら調整すると良いでしょう。

■みりん

みりんは食材に甘みや照りを出すのに使用します。また、みりんは煮崩れを防ぐ働きもします。

みりんがない場合は日本酒やワインで代用が可能です。お酒やワインだけでは甘みが足りないので、砂糖やはちみつ、水あめなどを加えると、みりんと同様の味に仕上がります。

日本酒が3に対して砂糖やはちみつが1の割合で調理しましょう。砂糖だと照りが出ませんので、照りを出したいときははちみつや水あめを使用するようにしましょう。

■めんつゆ

そうめんやうどんを食べるときに使用するめんつゆは、煮物やあえ物など、さまざまな料理に利用できる万能調味料です。

めんつゆが切れたときは、お鍋にだし汁150ミリリットルと大さじ2の醤油を加え、みりん大さじ2分の1、砂糖小さじ2分の1を加えて火をかけ、アルコール分を飛ばせば完成です。

だし汁は顆粒のカツオだしなどを使っても十分です。甘めのめんつゆが好みなら、砂糖を増やして調整してください。

27-2

■ポン酢

ポン酢が切れているときも、自宅にある調味料で簡単に代用品が作れます。醤油とお酢を大さじ3ずつ、レモン果汁を適量絞るとポン酢が出来上がります。味ぽん風味に仕上げたいのなら、ここに顆粒のだしを適量入れてください。

レモン果汁をすだちやゆず、だいだいやオレンジなどに変えて作ることも可能です。季節に合わせた柑橘の果汁を使用すると、いろいろな風味のポン酢を楽しめます。

■レモン果汁

料理にレモン果汁を使用する場合は、レモンの代わりにお酢やワインビネガーで代用できます。レモンより少し酸味が落ちるため、少し多めに入れると良いでしょう。

ただし、からあげや焼き魚にダイレクトにレモン果汁を絞る調理法には適していないので、気をつけましょう。

■お酢

お酢が切れている場合は、白ワインビネガーで代用できます。利用する場合はお酢同様、同じ量を加えると良いでしょう。

白ワインビネガーが切れているときは、同じようにお酢で代用できます。少し白ワインを足してあげると、さらに本格的な白ワインビネガーに近づきます。白ワインがない場合はお酒でも大丈夫です。

■オイスターソース

中華料理を作るときに欠かせないオイスターソース。独特の風味ととろみがあるので代用は難しいように思えますが、和食の調味料でも代用できるものがあります。

醤油大さじ1に対して、砂糖が小さじ1、中華だしを適量混ぜ合わせると、オイスターソースの代用として利用できます。

とろみを出したい場合ははちみつや水あめを使用すると、オイスターソースのようなとろみを再現できます。

■ウスターソース

コロッケややきそばを作るときに必要なのが、ウスターソースです。ウスターソースはトマトの酸味が特徴なので、とんかつソース大さじ3に対し、お酢を大さじ1加えるとウスターソースの代用になります。

■豆板醤(とうばんじゃん)

辛さを出したい中華料理を作る際に使用するのが豆板醤です。豆板醤はとにかく辛みが特徴の調味料なので、代用品を作る際にも唐辛子は欠かせません。

味噌大さじ1に赤唐辛子を4本と一味を小さじ1合わせ、醤油とごま油を小さじ1ずつ加えます。赤唐辛子がない場合は、一味を小さじ1さらに加えて代用してください。

■焼肉のたれ

焼肉のたれなんて難しいのでは?と思えそうですが、自宅にある調味料を混ぜ合わせるだけで本格的な焼肉だれの代用品を作ることが可能です。

醤油100ミリリットルに砂糖大さじ4、上記の豆板醤を小さじ2分の1とごま油を小さじ1、チューブのおろしニンニクとおろし生姜を適量加え、混ぜ合わせるだけで完成です。

本格的に仕上げたいのなら、ニンニクと生姜を1片ずつすりおろして加えましょう。すりおろしたリンゴを適量いれると、さらに本格的に仕上がります。りんごを加える場合は砂糖を控えるよう調整してください。

■うなぎのたれ

お店でしか購入できないように思えるうなぎのたれですが、自宅でも簡単に代用品が作れます。砂糖と醤油、みりんを鍋の中に同量加え、とろみが出るまで煮立てたら完成です。うなぎを含めて煮立てると、さらに本格的なうなぎのたれに仕上がります。

■まとめ

自宅で簡単に作れる代用調味料についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。本格的な調味料とまではいきませんが、十分に対応できるほどの味には仕上がります。調味料が切れているときは、あせらず代用品で対応してみてくださいね。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る