コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

私の手作り弁当を盗み見しては「また冷凍食品?」って職場の同僚なんなん

家事

2019.03.04

20190227tedukuri01節約や健康を考えて、毎日職場へ“お弁当”を持参する人も多いと思います。手作りのお弁当を見て「とっても美味しそう」「いつも手作りで偉いね!」と褒めてくれる同僚もいれば、反対に“ケチをつけてくる人”もいる様子。そこで今回は、ある女性の「手作り弁当に対する悩み」について見ていきましょう。

 

手作りのお弁当をジロジロ見てくる同僚


女性が勤める会社は近くにランチできるような場所はなく、あってもコンビニだけ。会社に社食がないので、節約もかねてお弁当を持参しています。しかし彼女にはお弁当に関して、1つだけ悩みが。それは40代女性の同僚が、お昼休憩中にお弁当をジロジロ見て「そのおかず自分で作ったの? ○○を入れたらもっと美味しそうになると思うよ」「もうちょっと緑や赤の食材を使って彩りをよくしたほうがいい」などと指摘してくることです。

 

またその同僚は、彼女だけでなく他の人のお弁当を見ても「冷凍食品多すぎじゃない? もっと手作りのおかずとか増やそうよ」「野菜が少ないけど栄養バランスを全然考えてないんだね」と文句を言っているようでした。

 

マウンティングの可能性


彼女は同僚の行動を不思議に思って、世の中の人たちへ「同じようにお弁当をバカにされたことはありますか?」「なんで同僚はお弁当を見てくるのでしょうか?」と質問を投げかけることに。すると「私の同僚にも似たような人がいます! 指摘はされませんがジロジロ見られていつも不快に思っていました」「確かにお弁当を指摘してくる人って一定数いるよね。唯一の楽しみであるランチを邪魔しないでほしい」「私も『また冷凍食品?』と指摘された経験が。小姑みたいなこと言ってくる人はほんとに嫌です」などの実体験が続出しました。

 

同僚の行為に「料理上手アピールをしている可能性がある」と考える人もいて、「自分のお弁当を見てほしいからってマウンティングでも取ってるのかも」「たぶん女子力アピールの一種かな?『私は料理が得意!』と自慢げに語っているようにしか見えない」「もしかしたら自分の料理に自信があるから、人の手作りを貶しにくるのかもしれません」といった声が。

 

また「『人の食べ物をジロジロ見るなんて失礼』としっかり伝えるべき」「近くによって来たら露骨に嫌そうな顔をして、お弁当を隠してみたら? さすがに嫌がっている態度を取ればやめるはず」「今度見てきたら『今日のお弁当はどう思います?』とか、自分から話しかけてみるのもありかも!」というアドバイスも上がっています。

 

冷凍食品の利用状況


人のお弁当を指摘してくる人は、こぞって“冷凍食品”の使用に文句を言ってくる様子。しかし冷凍食品は「簡単・おいしい・便利」が揃っているため、人々に愛されています。

 

一般社団法人「日本冷凍食品協会」は“冷凍食品の利用状況”の調査を実施。「冷凍食品を利用する頻度」というアンケートでは、79%の人が「冷凍食品を使う」に回答しています。「ほとんど又はまったく使わない」という人は21%で、冷凍食品を使用している人のほうが圧倒的に多い結果に。

 

また「冷凍食品の魅力」に関する質問では、「調理の手間が省ける」が63.7%で1位です。2位の「買い置きができる」は63.2%で、3位は54.1%で「時間が短縮できる」。他にも「おいしい」「必要な分だけ調理できる」「品数が足りない時に便利」「価格が安い」「料理の素材としてアレンジできる」「原材料原産地がはっきりしている」「子どもや家族が好き」といった、さまざまなメリットがあげられていました。

 

人に何を言われても、自分の食べたいものを入れたほうが“優雅なランチタイム”を過ごせるかもしれませんね。

 

文/内田裕子

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る