注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

イマドキ家族の朝食・神アイテムは「肉まん・キウイ・グラノーラ…!?」

家事

2019.01.23

20190111imadoki01「オレンジページくらし予報」と「ジェイアール東日本企画イマドキファミリー研究プロジェクト」が、小学4年生以下の子どもがいる女性を対象に「イマドキ家族の食事に関する共同研究」を実施。その詳細が発表されたのでご紹介しましょう。

 

「夕食」作りに負担を感じる人は78.9%!


まず「平日における食事の支度」の負担感(「かなり負担を感じている」「やや負担を感じている」の合計)を「朝食」「昼食」「夕食」別に調査。その結果、「夕食」と答えた人が78.9%でトップに。「朝食」の41.0%、「昼食」の28.9%に比べると、「夕食」に大きな負担がかかっていることがわかります。

 

20190111imadoki02

「夕食のどんな点が負担になるか?」との質問には、「メニューを考える」(84.8%)、「調理をする」(80.4%)に多くの回答が。夕食を作ってもらう人は、「今夜はカレーがいい」など具体的にリクエストすることがストレスを減らす助けになるでしょう。

 

20190111imadoki03

続いては、調理をサポートする「お助け食品」の利用実態について調査を実施しました。月に1回以上使用する割合を「料理は好き」グループと「料理は好きじゃない」グループに分けて比較。その結果、「料理は好き」グループのほうが3~5%ほど利用率が高いことがわかっています。

 

「お助け食品」を使う理由については、「時間や手間が省ける」「簡単に作れる」といった声が。また「液体おかずの素」や「粉末おかずの素」を使う理由は、「自分では作れない味が作れるから」を挙げる人が4割近くになりました。

 

「肉まん」「キウイ」「グラノーラ」はイマドキ朝食の神アイテム?


「オレンジページくらし予報」と「イマドキファミリー研究プロジェクト」では、実際に食べたメニューを写真で投稿してもらう「朝食・夕食の9日間の写真日記調査」を実施中。同調査でも、イマドキママならではの傾向がわかりました。

 

20190111imadoki04

「朝食」ではヨーグルトやパンといった定番アイテムのほかに、「グラノーラ」や「フルーツ」が食卓に並んでいる実態が明らかに。朝は1日の中でもっとも忙しく、調理にそれほど時間をかけられません。そこで「子どもが必ず食べてくれる」「栄養もきちんと取れる」食品として、「グラノーラ」と「フルーツ」の登場回数が多くなっているようです。

 

印象深かったのは、おにぎりなど和食のときにも「グラノーラ」が添えられているケースもあったこと。朝食をその組み合わせで楽しんでいる人からは、「栄養バランスはグラノーラで(効果よりも気持ちの問題)」(40代・共働き)といった声が上がっていました。

 

また、フルーツのなかでも特に人気だったのが「グリーンキウイ」。「野菜を出せない代わりに果物は出す」(30代・共働き)といった声もあり、彩りを添えるため緑の野菜の代わりにグリーンキウイを使う人が多いのかもしれません。

 

さらに1人のプロジェクト参加者が「肉まん」を朝食に出したところ、真似する人が続出して“プチ「肉まん」ブーム”に。炭水化物+たんぱく質が取れる「オールインワン」食品であることが、朝食にピッタリなアイテムとして「再注目」されているようです。

 

■「夕食の実態と支度に関する調査」概要
調査対象:25歳~49歳、小学4年生以下の子どもがいる女性(有効回答数978人)
調査方法:インターネット調査
調査期間:2018年6月8日~2018年6月14日

 

■「朝食・夕食の9日間の写真日記調査」概要
調査対象:25歳~49歳、小学校4年生以下の子どもがいる女性(有効回答数25人)
調査方法:オンライン日記調査
調査期間:2018年9月1日~9月14日

 

文/原田美咲

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る