注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

炊飯器で作れるの?簡単炊飯器活用レシピ

家事

2018.12.30

57-1

スイッチ一つでごはんを炊き上げてくれる炊飯器は、非常に便利な調理家電ですよね。しかしこの炊飯器、「ごはんだけに使っていてはもったいない!」ということをご存知ですか?

育ち盛りの子どもも満足するガッツリ系おかずから、オヤツタイムにピッタリの美味しいスイーツまで、「炊飯器に入れてスイッチを押すだけ」で完成できるメニューは多々あります。

忙しいママほどすぐに試して欲しい、簡単炊飯器活用レシピを紹介します。

 

■豚の角煮

作るのに時間や手間がかかるイメージの豚の角煮ですが、炊飯器を使えば簡単・手軽に作れますよ。ごはんによく合うおかずの代表格!と言っても過言ではありません。ぜひ挑戦してみてください。

1.豚肉はカットして、湯通しをする
2.大根、ニンジンは一口大にカットする
3.卵はゆで卵にしておく
4.炊飯器に1~3の各材料とコーラ1缶、しょうゆ、ショウガとねぎの青い部分を入れる
5.炊飯する
6.炊き上がったら、保温状態のまましばらく放置
7.出来上がり

「え? コーラ?」と思いがちですが、トロトロ柔らかな豚の角煮に仕上がります。もちろんご飯との相性も抜群なので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

豚の角煮が出来上がったら、ごはんに乗せて丼ぶりにするのもオススメです。炊飯器を使えば、台所に張り付いている必要もありません。

 

■ローストビーフ

ホームパーティーなど、華やかなシーンで喜ばれるメニューといえば、ローストビーフです。普段とは違う「特別感」に、ウキウキする方も多いのではないでしょうか。

火の通り具合をチェックしたり、中心の温度を確認したりと、何かと面倒なイメージも強いローストビーフも、実は炊飯器で調理可能です。もちろん細かな温度調節も必要ありません。

1.ジップ付き袋に牛肉の塊、コンソメパウダー、赤ワイン、しょうゆ、にんにくを入れて密閉する
2.そのまま冷蔵庫で一晩味を馴染ませる
3.炊飯器のおかまに袋を入れる
4.袋が浸るまで、熱湯を注ぎ入れる
5.炊飯器のふたをしめ、30分ほど保温状態をキープする
6.炊飯器から出して、冷めたら完成

炊飯器一つでできる簡単ローストビーフレシピです。保温を手軽にできるので、面倒な手間を省けます。もし「牛肉表面に焦げ目が欲しい」ということであれば、ジップ付き袋に入れる前に、表面をほんのりと直火で焼いておきましょう。

炊飯器から取り出したローストビーフは、カットしてお皿に盛り付けしてみてください。ポテトやプチトマトと一緒に飾ると、より一層華やかな印象になりますよ。

 

■ベイクドチーズケーキ

次は、おやつやデザートに嬉しいスイーツレシピです。炊飯器に材料を入れてスイッチを押せば、実はケーキだって作れちゃいます。

1.炊飯器に溶かしたマーガリンを塗る
2.ボウルにクリームチーズを入れて、砂糖、卵、生クリーム、ヨーグルトと混ぜる
3.ホットケーキミックスと牛乳を加える
4.炊飯器にすべての材料を入れて、スイッチオン
5.焼きあがったら、全体をラップで包んで冷蔵庫で4~5時間冷やして完成

炊飯器の丸い形が、なんとも可愛らしい印象のケーキに仕上げてくれます。カットしてデコレーションすれば、本格的な仕上がりになるでしょう。

今回はチーズケーキを紹介しましたが、炊飯器+ホットケーキミックスの組み合わせで、さまざまなパターンのケーキを作れます。「紅茶+アップル」や「ココアパウダー+チョコチップ」など、好みの味を楽しんでみてください。

■野菜たっぷり優しいスープ

57-2

じっくりと火を通すことが得意な炊飯器は、スープ作りにも適しています。コンロのように火加減を調整する必要がないので、「帰宅予定時刻に合わせてできるように」と調整することも可能です。

せっかくですから、たくさんの野菜にじっくりと火を通した、本格的なスープを楽しんでみてはいかがでしょうか。

1.野菜をカットする(キャベツ・にんじん・たまねぎ・大根・セロリなど)
2.炊飯器に野菜を入れて、水を注ぎ、塩、しょうが、にんにくを入れる
3.炊飯する
4.炊き上がったら、好みのスープに合わせて完成

柔らかく火が通ったシンプルな野菜なので、各種スープとの相性も抜群です。コンソメスープや中華スープなど、さまざまな味付けで美味しく食べられることでしょう。

ヘルシーで体もぽかぽかするので、お夜食メニューにもオススメですよ。

 

■餃子ケーキ

子どもが集まるイベントには、見た目にインパクトのある炊飯器メニューを採用してみませんか? 炊飯器を使えば、みんなで一緒に食べられる、非常に大きな「餃子ケーキ」が出来上がりますよ。

1.ひき肉にキャベツやニラの千切り、ショウガ・ニンニクなどを加えて、餃子のタネを作る
2.炊飯器にごま油を塗る
3.お釜の底に敷き詰めるようにして、餃子の皮を並べる
4.餃子のタネをその上に広げる
5.餃子の皮でふたをする
6.炊飯器のスイッチを入れて炊飯スタート
7.火が通ったら、大きめのお皿にひっくり返して出す
8.ケーキのようにカットして食べる

材料は餃子そのままですが、一つ一つ包む手間を省略しています。また丸い見た目は、ケーキそのもの! 見たことがない料理に、子どもたちも興味を抱いてくれることでしょう。

 

■まとめ

ごはんを炊くための炊飯器ですが、用途はそれだけにとどまりません。その特性を理解して扱うことで、毎日の調理の手間をグッと減らしてくれそうですね。

「炊飯器でおかずを作ったら、ごはんはどうすれば良いの?」なんてお悩みには、「あらかじめ炊いたごはんを冷凍しておく」という方法で対応するのがオススメです。仕事から帰った後の食事作りも、スムーズに進められることでしょう。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る