注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

こんなものまでスモーク!普段のおかずがグレードアップ

家事

2019.03.14

45-1

スモークチーズやスモークサーモン……。スモークして作るメニューは、美味しいだけではなく、とても華やかな雰囲気がありますよね。お酒との相性も抜群で、年末年始のパーティーシーンも、華やかに彩ってくれることでしょう。

特別感のあるスモーク料理ですが、実は近年、日常生活の中でより気軽に楽しむ方が増えていることをご存知ですか? 毎日の食事をワンランクアップさせてくれるスモークについて、オススメ食材や、自宅のキッチンで簡単にいぶすための方法を紹介します。

 

■スモークとは?

スモークは、日本語で「燻製」とも呼ばれます。もともと、塩漬けにした肉や魚を煙でいぶすことにより、長期的に保存できるよう工夫したのが始まりでした。燻製の歴史は非常に深く、人類は古代から、「食物を腐らせないための工夫」として、スモークを取り入れてきたことがわかっています。

近年では、燻製は「食材を長期保存するため」というよりは、「スモーク独自の香りや風合いを楽しむため」に行われる方が一般的です。

これは、冷凍技術の発展などで、燻製以外にも食物を長期保存できる手段が確立されたためでもあります。スーパーに行けば、スモークされた食材も多く並んでいますが、「自宅でスモークする」というのは、決して一般的ではありません。「手間がかかるのでは?」なんて漠然とした思いから、敬遠する方も多くなっています。

「長期保存のため」という目的が薄れた今、スモークは高級感や特別感を楽しむための調理法とも言えるでしょう。

 

■こんなものまで? スモークで美味しくなる食材一覧

45-2

「焼く」や「煮る」といった調理方法とは違って、あまり馴染みがない「いぶす」という調理方法ですが、定番の調理方法とは一味違う、素材ならではのうまみを楽しめる手段でもあります。

アウトドアやバーベキューの際には、専用の燻製器を用意して、さまざまなメニューを楽しむ方も多いことでしょう。

スモークをすることで美味しくなる食材には、以下のようなものがあります。

・鮭
・豚肉
・牛肉
・ゆでたまご
・チーズ
・ナッツ類
・牡蠣
・イカやタコ
・加工肉全般
・豆腐
・ドライフルーツ

スモーク初心者は、失敗しづらい食材から始めて、徐々にレベルを上げていくのがオススメです。初心者にも美味しく作りやすいのが、適度な油分を含んだ「肉類」、「チーズ」、そして乾燥していて味わいがある「ナッツ」や「ドライフルーツ」です。

豆腐や野菜類も燻製にすると新たな味わいを発見できてオススメなのですが、水分が多いために、作る際にコツが要ります。別の素材で経験を積んだ後に、少しずつ試していくのがオススメです。

■自宅のフライパンでもスモークはできる! 具体的な手順を解説

おいしくてオシャレだけど、手がかかるイメージの燻製ですが、実は自宅のキッチンで、手軽に実践できるということをご存知ですか? コンロとフライパンを使ったスモークの手順について解説します。

★用意するもの

自家製燻製を作ろうと思ったら、以下のアイテムを用意してみてください。

・フライパン(テフロンなど、表面の加工がされていないもので、深型のもの)
・網
・アルミホイル
・スモークチップ
・蓋

燻製を作る際には空焚きをすることになりますから、フライパンは表面の加工がないものを選んでください。また内部は、「スモークチップ」「網」「食材」という三層構造になりますから、できるだけ深めのものを選ぶのがベストです。

スモークチップは、ホームセンターなどでも手軽に購入可能です。「ヒッコリー」「サクラ」「クルミ」など、さまざまな種類があり、それぞれで香りが異なっています。好みに合わせて選択すると良いでしょう。

★自家製燻製の作り方

材料を揃えたら、実際にスモークに挑戦してみましょう。具体的な手順は以下のとおりです。

1.フライパンにアルミホイルを敷き、チップを一握り程度置きます。
2.その上に網を乗せ、好みの食材を並べます。
3.蓋をして、火にかけます。
4.チップから煙が出るまでは、「強火」で加熱します。
5.煙が出てきたら「弱火」へと切り替えます。
6.10分ほど待って完成です。

ドライフルーツやナッツ類など、小さくて網から零れ落ちてしまう可能性がある場合は、アルミホイルで専用の受け皿を作り、その上に乗せていぶすのがオススメです。

また食材同士の香りが混ざらないよう、「1回のスモークでは1種類のみ」に絞ると良いでしょう。また、スモークそのものは10分程度で完了しますが、そのまま1時間程度置いておくと、スモークの香りが食材全体に馴染んでいきます。その場ですぐに食べるのとは、また違った味わいを楽しめるでしょう。

 

■ボウルや専用アイテムを使うのもオススメ

先ほどはフライパンを使った方法を紹介しましたが、100円均一で売られているボウルを二つ使って、燻製器を再現する方法もあります。またより安心して燻製を楽しみたい!と思ったときには、専用の燻製器を購入すると良いでしょう。

【ソト(SOTO)】 いぶし処 スモークポットは、自宅のキッチンでも手軽に燻製が楽しめるよう、開発された商品です。短時間で美味しい燻製を食べることができますよ。

 

■まとめ

スモークと聞くと、「美味しいけれど、専用のアイテムやチップが必要だし……」なんてためらう方も多いのではないでしょうか。しかし実際には、一般家庭のキッチンにおいて、ごく手軽に燻製を楽しむことも可能なのです。

チーズやウインナーなどは、子どもウケも抜群の食材です。大人向けのお酒のおつまみにはもちろんのこと、子ども向けのパーティーメニューとしても、活躍してくれることでしょう。ぜひ毎日のレシピの中に、スモークメニューも取り入れてみてください。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る