コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

超弱火で8分!ふっくら“極厚”ホットケーキを自宅で再現

家事

2020.12.28

喫茶店メニューでもおなじみな“ホットケーキ”。お子様のおやつに作るママも多いのではないでしょうか? 以前放送の『あさイチ』(NHK)では、名店のホットケーキレシピを特集していました。

混ぜすぎはNG!?

最初に登場したのは、「むっちりむちむち! 夢の極厚ホットケーキ」のレシピ。教えてくれるのは埼玉県草加市の人気カフェに勤める今井慶子さんです。

 

まず薄力粉75g、ベーキングパウダー5g、グラニュー糖20gをふるいにかけましょう。Mサイズの卵1個と牛乳47mlを15秒ほど混ぜたボウルに、先ほどふるいにかけた粉を加えてさらに20秒混ぜます。混ぜすぎると生地に粘り気が出て膨らみにくくなってしまうので注意してください。

 

続いて、ラップにくるんで冷やしておいたクリームチーズ50gを用意。手で温めて柔らかくなったらボウルに入れ、20秒程度、叩くようにざっくり混ぜ合わせます。

焼きムラを抑えるコツって?

混ぜ終わったら焼きムラを防止するために直径16cmのフライパン(たまご焼き器で代用可能)を中火で熱し、濡れ布巾を底に押し当てて冷却。適量の溶かしバター(上澄み)をフライパンになじませたら生地を流し込み、超弱火で8分間加熱します。この時火を強めすぎないことが、むっちり食感に仕上げるポイントですよ。

 

生地を温めたら完成間近。5mm幅にカットしたりんご4分の1個を表面に並べてフタをしましょう。両面を8分ずつ焼けば、厚みのあるホットケーキが完成。4等分にカットし、好みでバター、生クリーム、シナモン、シロップをかけると名店の味が堪能できます。

 

視聴者からは「粉はよく混ぜた方がいいと思ってた」「普段、中火で焼いていたのを弱火に変えるだけで全然食感が違う!」など驚きの声が多数上がっていました。

 

番組では他にも名店の工夫を紹介しています。例えば見た目をきれいに作りたい人は、IH調理器を使うのがおすすめ。ガスに比べて焼きムラが減り、美しく仕上げることが可能です。

 

>>NEXT 男女問わずホットケーキ作りは人気!?

1 / 2 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る