コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

食パンにジャムを塗るのはトースターで焼く前か後か?

家事

2020.10.04

 

食パンにジャム

生でそのまま食べてもおいしい“高級食パン”。最近では専門店も増えているため、世間から注目を集めています。そこで今回は、高級食パンをよりおいしく食べる“アレンジ神テクニック”を見ていきましょう。

ジャムは加熱すると糖分が上がる!?

8月29日に放送された『サタデープラス』(TBS系)には、1万個以上のパンを食べてきたというパン料理研究家・片山智香子さんが登場。パンの味をワンランクアップさせる方法として、まずは「ジャムバタートースト」の作り方を教えてくれました。

 

一般的にジャムは最後に塗るイメージですが、片山さんは“ジャムを塗った後にトーストすること”をおすすめ。ジャムを加熱することで水分が蒸発し、糖度が上がるそうです。

 

ジャム(お好みの量)を塗った食パンの上にバター(20g)を乗せたら、トースター(1200W)で約2分ほど焼けば完成。単に調理工程の順番を入れ替えただけですが、実食したみちょぱさんは「おいしい! 味が染みてる感、濃厚に感じます。めちゃくちゃ甘い」と驚きを隠せない様子でした。

 

>>NEXT 乾燥した食パンにしっとり感再び!その理由は?

1 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る