注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

マツコさんを唸らせた「究極のツナ缶」はご飯に合う!

家事

2020.08.02

保存がきくのはもちろんのこと、手軽に調理ができるツナ缶。味わいはどの商品も変わらないイメージがありますが、実はかなり奥が深い食材です。通からは“芸術品”とまで称される極上のツナ缶をピックアップしていきましょう。

ツナとコンビーフの禁断のコラボ!

今年6月に放送された『マツコの知らない世界』(TBS系)では、世界50カ国に存在する5万缶を食べた缶詰博士が出演。缶詰を知り尽くした彼が、最強のツナ缶をセレクトしてくれました。

 

今回、缶詰博士が選んだのは“ご飯に合うツナ缶”。まずはじめに登場した「めんツナかんかん」は、明太子の漬けダレとツナが入ったピリ辛の缶詰です。味はレギュラー・辛口・プレミアムの3種類が存在し、それぞれ入っている唐辛子の量や明太子の量が違います。またちょうどいい明太子の食感に仕上げるため、加熱温度や冷却時間まで計算しつくして作られているそう。

 

次に紹介されたツナ缶は「シーチキンコンビーフ」という禁断のコラボ商品です。その名の通り、ツナとコンビーフを合わせた商品で、中を見るとツナともコンビーフとも言い切れない謎の身がぎっしり。特にマヨネーズと合わせたときの味わいは格別で、マツコ・デラックスさんはひと口食べるや否や虜になっていました。

 

>>NEXT 水煮なのに味が濃いスープみたいなツナ缶も!?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る